[回到首页]
回应模式
昵 称
E-mail
标 题
内 文
附加图片[] []
类别标签(请以 , 逗号分隔多个标签)
删除用密码(删除文章用。8位以内的字母或数字)
  • 允许的图片格式:GIF, JPG, JPEG, PNG, BMP, SWF, WEBP, AMR, MP3, TXT, FLAC, AAC, MP4, RAW, ARW, DOC, DOCX, PPT, PPTX, HTML, XML, ,只有这些格式浏览器才能正常上传
  • 允许的最大图片大小为 50000 KB。当回复时在E-mail填入sage则不自动提前
  • 当图片宽超过 125 像素、高超过 125 像素時会自动缩小图片显示
  • welcome:欢迎.\n诸君不要拘谨,因为这里没什么人...大概真的是没什么人!\n但是这很重要吗 这只是一个树洞罢了 有人会来什么的只是"自我欺骗"罢了(笑)

喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:19 ID:Wk/eEH.k] No.339 
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:20 ID:Wk/eEH.k] No.340  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。
相席の承諾だと判断した赤羽は、伊織の一つ前、学食に行っている友人I子の席を借りて椅子の向きを反転させる。伊織は慌てて机を片付け――ようとして、僅かに動きを強張らせた。何かを思い出したように顔を曇らせた後、爪を隠すようなぎこちない所作で筆記用具などを机の中にしまった。
「ど、どぞ」

「ありがと。いただきます」
 赤羽は手を合わせ、姉の手作り弁当に箸を付ける。
 対岸でコンビニの菓子パンを食べていた彼女は、目を輝かせて弁当を見ていた。それに気付いた赤羽は、卵焼きを口に入れ、咀嚼して嚥下した後に小首を傾ぐ。
「美味しそうでしょ、お姉ちゃんの手作り」

「お、お姉さん凄いんだね。彩りも綺麗だし凄く美味しそう」

「良かったら、お一つ」
 赤羽はそう言うと、箸で卵焼きを一つ持って彼女に差し出す。

ChatGPT:
赤羽判断出了伊織的同意,于是借用了在学校食堂用餐的朋友I子的座位,并将椅子反向。伊織急忙整理桌子,稍微有些紧张。她似乎想起了什么,脸上变得阴沉,然后笨拙地将文具等放入桌子里,仿佛在隐藏什么。

“请坐。”

“谢谢,我就不客气了。”

赤羽合起双手,拿起姐姐亲手制作的便当,用筷子夹起了食物。

伊織在对岸吃着便利店买的面包,看着赤羽的便当,目光闪闪发亮。赤羽注意到了这一点,将煎蛋送入嘴里,咀嚼下咽后歪着头。

“看起来很好吃,是我姐姐做的。”

“姐姐好厉害啊,颜色也很漂亮,看起来非常好吃。”

“要不尝尝吧?”

赤羽这样说着,用筷子夹了一块煎蛋递给她。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。
弁当を差し出して箸を貸すのではなく、まるでそのまま食べろと言わんばかりの行動だった。「うぇ “」と夏場の蛙のような呻き声を上げた彼女は、途端に目を泳がせて頬を染めた。何をそんなに慌てることがあるのかと怪訝に思う赤羽だったが、少し遅れて悟る。
「あ、こういうの気にする? ごめん、無神経だったね」

「や! ち、違くて。その――畏れ多いから本当にいいのかなって思ったり思わなかったり、私風情が赤羽さんにこんなことしてもらっていいのかなって」

「やめてよ、クラスメイトでしょ」
 赤羽は苦笑しつつ、彼女のその言葉が方便の類でないことを表情から察して、そっと箸を口に寄せる。伊織は耳まで赤く染めると、そっとそれを口に含んだ。
 箸を抜くと、伊織は真っ赤な顔を俯かせて卵焼きを咀嚼する。

ChatGPT:
赤羽的行为不是将便当递给她并借给她筷子,而是仿佛让她直接吃下去。她发出了夏天青蛙一样的咕噜声,然后突然眼睛泛红,脸颊染上红晕。赤羽觉得奇怪,不知道她为什么这么慌张,但他稍微迟疑后就明白了。

“啊,你介意这个吗?对不起,我不太敏感。”

“不!不是那个……只是,我在想这样做合适吗?我觉得自己很难以为继,不知道能不能这样对赤羽先生。”

“别这样,我们是同班同学。”

赤羽苦笑着,从她的表情中察觉到她的话不是为了方便而说的,就轻轻地把筷子放在嘴边。伊織耳朵变得通红,轻轻地咬了一口。

拿出筷子后,伊織低着头,咀嚼着卵焦,脸涨得通红。


You:
箸を抜くと、伊織は真っ赤な顔を俯かせて卵焼きを咀嚼する。
 十数秒、彼女は無言で卵を噛んだかと思うと、静かに飲み込んだ。
「どう?」

「す、すごく甘かった」

「甘いのはお嫌いですか?」

「…… 好きです」
 恥ずかしそうに顔を俯かせる伊織に、「良かった」と赤羽は笑う。

ChatGPT:
拿起筷子后,伊織低着头,咀嚼着卵焦,脸涨得通红。

经过十几秒钟的沉默,她静静地咽下了食物。

“怎么样?”

“很,很甜。”

“你不喜欢甜食吗?”

“……我喜欢。”

伊織羞怯地低下头,赤羽笑着说:“太好了。”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。
 そうしてしばらく食事をしていると、段々と伊織の顔の火照りも収まってくる。伊織が二つ目の総菜パンを半分ほど食べ、赤羽の弁当が残り僅かになった頃。赤羽は箸を持っていない方の手をギターでも持つような形にして、伊織に爪を見せる。
「伊織さん、ネイルとか興味あるんだね」
 パンに口を付けようとしていた伊織は一瞬動きを止めると、自分を恥じるように俯きつつ頷いた。
「家でパソコン作業をよくするから、ジェルとかはあんまりなんだけど…… マニキュアくらいはその、私なんかでもいいかな…… とか、思ったりして」

「パソコン触るんだ。キーボード叩いてる時とか、爪が綺麗だと楽しそうだね?」

「う、うん! そうなの!」
 情景を想像して語れば、共感を得た伊織は嬉しそうに頷いた。
 おどおどと暗く卑屈な表情ばかりしている印象だったからか、無邪気な笑みを見るとどうにも可愛らしく思えてしまう。明るい肯定の声に、赤羽は頬を綻ばせる。

ChatGPT:
不久之后,当他们吃饭的时间变长,伊織的脸也逐渐冷静下来了。当伊織吃完第二个菜包,赤羽的便当只剩下很少的时候,他用没有拿筷子的手以弹吉他的姿势,向伊織展示了他的指甲。

“伊織,你对美甲感兴趣啊。”

正当伊織要咬下面包时,她突然停下动作,低头点头,仿佛对自己感到羞愧。

“因为我经常在家里用电脑工作,所以不太喜欢涂指甲油……但是,我想尝试一下甲油,即使我这样的人也可以吗?”

“你用电脑啊。敲键盘的时候,看到自己漂亮的指甲一定很开心吧?”

“嗯……是的!”

想象着这个场景,伊織感到共鸣,高兴地点了点头。

由于她一直表现得胆怯和消沉,这种无邪的笑容看起来格外可爱。听到这样的肯定声音,赤羽的脸上绽放出笑容。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。
ふと、伊織は我に返ったように恥ずかしそうにすると、視線を逸らして詫びる。
「…… ごめんなさい、急にテンション上げたりして」

「逆だよ逆、急に落ち込まないでよ。不安になるから」
 思わず苦笑をすると、伊織は申し訳なさそうにするばかりだった。
 その時だ。何気なく赤羽が彼女の手先を見ると、違和感を覚えた。
 総菜パンの包装を持つカーディガンからはみ出た彼女の指を見て、赤羽は微かに眉を顰める。――そんな赤羽の視線に気付いた伊織は、慌てた様子で右手をカーディガンの内側に隠し、左手だけでパンを持った。しかし、目敏い赤羽は誤魔化せない。
「伊織さん、ポリッシュ塗ってるの?」

ChatGPT:
突然,伊織好像回过神来,一脸羞愧地转开视线并道歉。

“对不起,我突然变得太兴奋了。”

“不是,不是,不要突然沮丧。这会让人感到不安。”

他苦笑了一下,而伊織则一直表示歉意。

就在那时,赤羽无意中看到了她的手指,感觉有些不对劲。

他注视着伊織从卡丹肩膀伸出来的手指,微微皱起眉头。注意到赤羽的视线,伊織慌乱地将右手藏在卡丹内部,只用左手拿着面包。然而,眼尖的赤羽无法被糊弄。

“伊織,你涂指甲油了吗?”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。
赤羽にとって、お洒落とは見せびらかすものでなかったとしても、恥じるものではない。純粋な疑問を彼女に投げかけると、伊織は呻きそうな顔で押し黙る。ほんのりと頬を季節遅れの紅葉色に染めたかと思うと、恥ずかしそうに右手を机に広げた。
 見惚れるくらい綺麗な手だった。
 その内の、人差し指と中指にだけ昨日赤羽が塗っていたものと同じポリッシュが塗られていた。若干赤みが強い桃色の、ラメ入りのそれだ。「あ!」と思わず嬉しくなって声を上げた赤羽は、彼女の瞳を覗いた。
「S社の新作! 昨日の私と同じのだ」
 伊織は恥ずかしさに言葉も紡げない様子で、恐る恐る一度だけ頷いた。
 まさか、昨日あんな会話をしたから、塗ってきてくれたのだろうか。そんな可能性に行き着いた赤羽は嬉しくなりながら彼女の手を見詰めた。
 それにしても、嫉妬してしまうくらいに綺麗な手と指であった。
 しばらく眺めていた赤羽は、どうしても気になる点があって口を開く。

ChatGPT:
尽管对于赤羽而言,时尚并不是用来炫耀或羞耻的事情,但也并非应该感到惭愧。当他投出纯粹的疑问时,伊織只是尴尬地沉默着,脸上泛起了微红。她略微伸开右手,脸颊染上了季节延误的红叶色,看上去羞怯万分。她的手十分漂亮,让人不禁陷入沉思。

在她的食指和中指上,涂着和昨天赤羽涂的一样的指甲油,颜色是带有亮片的略带红色的桃色。赤羽高兴地惊呼着,偷瞄了一眼她的眼睛。

“这是S公司的新品!和我昨天用的一样。”

伊織因为害羞而几乎说不出话来,畏缩地点了一下头。

赤羽想到了昨天的对话,不禁高兴起来,细看她的手。

然而,她的手指实在是太漂亮了,以至于让赤羽感到有些嫉妒。

看了一会儿,赤羽终于忍不住开口询问了一些困惑的问题。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。「ところで、二本だけ塗ってるのはそういうお洒落?」

「あっ、いや…… それは、その」
 伊織は口ごもる。どうしたのだろうかと赤羽が首を傾げて顔を覗けば、彼女は卑屈な表情で薄笑いを浮かべ、弱々しい声で呟いた。
「私なんかがお洒落をするのは、変かなって…… 途中で……」
 赤羽は、思わず口を噤んで彼女の顔を見詰めた。
 少し経って、微かな怒りを表情に宿す。
「それは駄目だよ、伊織さん」
 彼女を晒し者にして糾弾したい訳ではない。
 赤羽は周囲に聞こえない程度に声を潜めて彼女に告げた。
ChatGPT:
「赤羽さん、すみません……」と伊織が口を開くと、赤羽は優しく微笑んで彼女に言葉をかけた。

「別に変じゃないよ。自分が好きなものを楽しむことが、一番大切なことだから。他の人の目を気にしなくていいんだよ」

伊織は赤羽の言葉に胸を打たれ、うっとりとした表情で彼女を見つめた。そんな彼女の様子に、赤羽は優しく微笑み返した。
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:20 ID:Wk/eEH.k] No.341  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。「ところで、二本だけ塗ってるのはそういうお洒落?」

「あっ、いや…… それは、その」
 伊織は口ごもる。どうしたのだろうかと赤羽が首を傾げて顔を覗けば、彼女は卑屈な表情で薄笑いを浮かべ、弱々しい声で呟いた。
「私なんかがお洒落をするのは、変かなって…… 途中で……」
 赤羽は、思わず口を噤んで彼女の顔を見詰めた。
 少し経って、微かな怒りを表情に宿す。
「それは駄目だよ、伊織さん」
 彼女を晒し者にして糾弾したい訳ではない。
 赤羽は周囲に聞こえない程度に声を潜めて彼女に告げた。
ChatGPT:
“By the way, is painting only two nails a stylish thing to do?”

“Oh, no...that's because, um…”

Iori stumbled over her words. Red feathers tilted her head in confusion and peered at her face. Iori wore a submissive expression, with a faint smile on her face and muttered in a weak voice,

“I wonder if it's weird for someone like me to be stylish...I just thought halfway through...”

After a while, Red feathers stared at her face, with a hint of anger in her expression.

"That's not okay, Iori-san."

Red feathers did not want to expose her to public condemnation. She whispered to her, in a voice so low that no one else could hear.


You:
翻译为中文:「ところで、二本だけ塗ってるのはそういうお洒落?」

「あっ、いや…… それは、その」
 伊織は口ごもる。どうしたのだろうかと赤羽が首を傾げて顔を覗けば、彼女は卑屈な表情で薄笑いを浮かべ、弱々しい声で呟いた。
「私なんかがお洒落をするのは、変かなって…… 途中で……」
 赤羽は、思わず口を噤んで彼女の顔を見詰めた。
 少し経って、微かな怒りを表情に宿す。
「それは駄目だよ、伊織さん」
 彼女を晒し者にして糾弾したい訳ではない。
 赤羽は周囲に聞こえない程度に声を潜めて彼女に告げた。
ChatGPT:
“顺便问一下,只涂两个指甲是时髦吗?”

“啊,不……那个是因为……”

伊织结巴了。红羽歪着头看着她的脸,她露出卑屈的表情,微笑着低声喃喃自语。

“像我这样时髦,会不会很奇怪……中途就想到了……”

过了一会儿,红羽盯着她的脸,脸上带着一丝愤怒。

“那不行,伊织小姐。”

红羽不想让她被公开谴责。她小声对她说道。


You:
翻译为中文:少しだけ強い言葉に彼女はびくりと震える。彼女は弁明に何かを言おうとするが、ふと実直な瞳で見つめてくる赤羽に気付き、不思議そうな表情を浮かべた。
「最近は男性にもお化粧をする人が居るみたいだけど、変だと思う?」

「…… 思わない」

「胸の大きい人がボーイッシュな恰好したら変かな? 脚の太い人がスカートを履いたら駄目?」

「…… どっちも駄目じゃない、と、思う」
 伊織は消え入るような声で肩身が狭そうに呟く。その表情は暗い。
 赤羽は、そんな伊織の手をそっと掴んで見つめる。とても綺麗な指で、お洒落に卑屈になるのは勿体ないと思った。けれども、たとえどれだけ綺麗でなかったとしても、赤羽の意見は変わらないだろう。「あ、あの?」と困惑した調子の伊織を見る。
「最優先は TPO だよ。でも、次点は似合うか否かじゃなくて、自分がどうしたいか。似合うファッションで己を着飾りたいならそうするべきだし、似合わなくても楽しみたいなら好きなもので自分を彩ればいいと思う。そこに、『私なんか』って言葉は介入するべきじゃないと、そう思うんだ」

ChatGPT:
她听到了微弱的怒气,不禁瑟缩了一下。她试图辩解什么,但突然发现红羽那真诚的眼神注视着她,她表现出了惊讶的神情。

“最近男性也开始化妆了,你觉得这很奇怪吗?”

“……我不觉得。”

“胸部丰满的人穿男装会很奇怪吗?腿粗的人穿裙子会不好看吗?”

“……我觉得都不会有问题。”

伊织小声喃喃着,仿佛想要消失一般。她的表情非常沉闷。

红羽轻轻抓住了伊织的手,凝视着她的手指,非常漂亮。她觉得没有必要为了时髦而卑屈。但是,即使她不够漂亮,红羽的意见也不会改变。她看着伊织困惑的表情,说道:

“首要考虑的是场合。但是其次,不是看合不合适,而是要看自己想怎么做。如果你想穿适合自己的衣服来装饰自己,那么你应该这样做;如果你想享受穿自己喜欢的衣服的乐趣,即使不合适也没关系。在这一点上,我认为我们不应该使用‘像我这样’这样的话语来干扰它。”


You:
翻译为中文: 赤羽が揺るぎない視線で見詰めれば、伊織は動揺に瞳を揺らす。
 言葉は奥まで響いた。どう変化するかは彼女次第だ。
「自分に似合わないと思って止めたならそれでいいと思うの。でも、そうでないなら諦めるのは勿体ない。綺麗だとか綺麗じゃないなんて些細な問題以前に、人の持つ自分を着飾れる権利を、自分の手で捨てちゃうのが勿体ないって話」
 伊織はそんな言葉を聞きながら、弱い表情で己の爪を見詰めた。
 中途半端に塗られたマニキュア。それを見詰める表情に若干の後悔が浮かんで、その後悔が、塗ってきたことによるものなのか、半端に着飾ったことへのものなのか、赤羽は判断できなかったが、それを知るためにそっと問いかけた。
「同じの持ってきてるけど、塗ろうか?」
 伊織は微かな驚きを瞳に宿した後、しばらく無言で逡巡する。
 ――その時だった。
「あれ? 珍しい組み合わせじゃん」
ChatGPT:
当红羽用坚定的目光注视着她时,伊织的眼睛开始动摇。

这些话深深地触动了她,但她的反应取决于她自己。

“如果你认为不适合自己就停止,那也很好。但是,如果你没有这样的想法,放弃是很可惜的。在考虑是否漂亮之前,最重要的是每个人都有权利打扮自己。把这种权利扔掉是很可惜的。”

听着这样的话语,伊织用虚弱的表情凝视着自己的指甲。

中途涂抹的指甲油。她对着它看,脸上浮现出一些后悔的情绪。这种后悔是因为她涂指甲油的结果吗,还是因为她没有好好打扮自己的结果?红羽无法判断,于是她轻声问道。

“我也有同款,要不要涂一下?”

伊织的眼睛微微瞪大,沉默了一会儿。

就在那时。

“哎?这不是个不寻常的组合吗?”


You:
翻译为中文:J男だ。クラスでも特に声の大きい幅を利かせた人物であり、着崩した制服や染めた頭髪が不良然とした印象を与えるが、実際に素行が良好とは言いづらい生徒である。
 彼は赤羽と伊織という正反対のコンビを見て声を上げたかと思うと、こちらの空気など意に介した様子もなく、隣の席の机に腰を置いた。彼は声が大きいから、この珍しい組み合わせを見物するように周囲の目も少し集まり始める。途端、伊織が委縮した。
「実は友達なんだ。いいでしょ」
 「へー」と気の抜けた返事をした後、J男は何かに気付いたように手を打つ。
「あ、ぼっちの伊織さんに付き合ってあげてる感じ? やっさしー!」
 眉間に僅かな力が入るのを赤羽は知覚した。こめかみに青筋が浮いた気がする。
 ――赤羽は、そういう接し方をすることで他者から好印象を貰えることは理解しているし、そういう行動を否定する気も無かった。だが、それは間違っても当事者が居る場所で聞こえるように言うことではなく、少しは伊織の気持ちも考えるべきだと口を開こうとするが、それに先んじて伊織が弱々しく笑った。

ChatGPT:
他是个J男。他是班里声音最大的人之一,穿着不整齐的校服和染了色的头发给人一种不良的印象,但实际上他的品行并不好。

当他看到完全相反的红羽和伊织这个组合时,他会大声喊叫,但他似乎并不在意周围的氛围,只是坐在了隔壁座位的桌子上。由于他的声音很大,周围的目光也开始集中在这个罕见的组合上。伊织因此变得更加局促不安。

“实际上他们是朋友。没什么问题吧。”

“哦”,J男无精打采地回答后,突然想到了什么。

“啊,是和孤单的伊织在一起吧?好亲切啊!”

红羽感觉到她的眉毛微微皱了起来。他觉得自己的夹带私货的做法可能会给别人留下好印象,而且他也不反对这种行为。但这绝不能在当事人在场的情况下说出来,他正准备开口表达这种想法时,伊织却弱弱地笑了起来。


You:
翻译为中文:「そ…… そうなの。赤羽さん優しいから」
 臆病な彼女が彼に口を開くという勇気ある行動を取ったことから、その言葉が赤羽を宥めるためのものだと理解して、赤羽は矛を収め、溜飲を下げる。
 そんな伊織の言葉を適当に聞き流したJ男は、ふと赤羽が触れる伊織の手に気付く。赤羽は面倒なことになりそうだと反射的に手で手を隠そうとしたが、彼は目敏かった。
「あれ、それマニキュア? そういうの塗るんだ、伊織さん」
 大きな声で意外そうに言ったJ男は、軽い調子で笑う。そんな大声で言うものだから教室で昼食を取っていた面々は伊織へと視線を寄越し、途端、伊織の身体が怯えるように微かに強張り、次いで恥ずかしそうに頬を染めて目を泳がせる「あ、いや」と弁明の声を上げようとした。
 ――これは、駄目だ。嫌な感覚を覚え、経験則が警鐘を鳴らした赤羽はどうにか話題を逸らそうと口を開く。しかし、赤羽から言葉が発されるよりも早く、J男が笑う。

ChatGPT:
“是……是啊。因为红羽很温柔。”

她这么胆小地开口说话,勇气可嘉,红羽理解她的话是为了安抚他,于是便放下了心头大石,松了口气。

对伊织的话漫不经心的J男突然注意到了红羽碰到了伊织的手。红羽本能地试图用手掩盖住自己的行为,但他的行动被J男察觉了。

“哇,这是指甲油吗?伊織也涂这种东西啊。”

J男惊讶地大声说道,然后轻松地笑了笑。由于他这样大声说话,教室里正在吃午饭的人们都将目光投向了伊织,于是伊织微微紧张地强硬了一下身体,接着脸颊染红,眼睛开始游移,试图解释“啊,不是这样的”。

——这不行。红羽感到不舒服,经验告诉他要警惕。他想要转移话题,但J男比红羽更快地笑了起来。


You:
继续

ChatGPT:
「あはは、いいじゃんいいじゃん。私も塗ろうかな?」

 J男は自分の机にあったペンケースからボールペンを取り出すと、冗談めかした口調で手を差し出した。伊織は自分の手を見下ろし、不安そうな表情を浮かべた。赤羽は伊織の身体が震えるのを感じた。

「いや、それは……」

「まあ、いいじゃん。ペンだって落ち着いて塗れば、指にもつかないしさ」

 J男はまだ笑っていたが、赤羽はJ男の行動に違和感を感じ、そっと彼に近づいた。そして、J男に耳打ちした。

「やめてくれよ」

 彼は小声で告げたが、J男は何かを悟ったように赤羽を見つめ、やがて赤羽の言葉を理解したような表情を浮かべた。そして、J男は自分の手を引っ込め、微笑みながら立ち上がった。

「まあ、いいか。でも、伊織さん、また塗ってみるといいよ。お洒落は楽しいし、いいことだから」

 J男が去っていくと、伊織は自分の手を見つめ、再び恥ずかしそうに頬を染めた。赤羽は伊織の肩に手を置き、彼女を落ち着かせた。


You:
翻译为中文:「そ…… そうなの。赤羽さん優しいから」
 臆病な彼女が彼に口を開くという勇気ある行動を取ったことから、その言葉が赤羽を宥めるためのものだと理解して、赤羽は矛を収め、溜飲を下げる。
 そんな伊織の言葉を適当に聞き流したJ男は、ふと赤羽が触れる伊織の手に気付く。赤羽は面倒なことになりそうだと反射的に手で手を隠そうとしたが、彼は目敏かった。
「あれ、それマニキュア? そういうの塗るんだ、伊織さん」
 大きな声で意外そうに言ったJ男は、軽い調子で笑う。そんな大声で言うものだから教室で昼食を取っていた面々は伊織へと視線を寄越し、途端、伊織の身体が怯えるように微かに強張り、次いで恥ずかしそうに頬を染めて目を泳がせる「あ、いや」と弁明の声を上げようとした。
 ――これは、駄目だ。嫌な感覚を覚え、経験則が警鐘を鳴らした赤羽はどうにか話題を逸らそうと口を開く。しかし、赤羽から言葉が発されるよりも早く、J男が笑う。

ChatGPT:
「ほらほら、そんなに照れなくても。伊織さん、素敵じゃないですか」

 J男が笑って言うと、伊織は目を閉じて小さく頷く。その瞬間、赤羽は伊織を見ていた自分自身にも気づいた。自分が伊織を守るために様々な手を打ってきたことに、嫌悪感を抱いてしまう。彼女には自分自身で選択する権利がある。それを否定しようとする自分自身に、彼は疲れを感じた。

 赤羽は静かに口を開いた。

「…… 俺たちは、もう少し周りの人のことを考えた接し方をするべきだと思う。だって、彼女たちだって人間なんだから」
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:21 ID:Wk/eEH.k] No.342  
You:
翻译为中文:「そ…… そうなの。赤羽さん優しいから」
 臆病な彼女が彼に口を開くという勇気ある行動を取ったことから、その言葉が赤羽を宥めるためのものだと理解して、赤羽は矛を収め、溜飲を下げる。
 そんな伊織の言葉を適当に聞き流したJ男は、ふと赤羽が触れる伊織の手に気付く。赤羽は面倒なことになりそうだと反射的に手で手を隠そうとしたが、彼は目敏かった。
「あれ、それマニキュア? そういうの塗るんだ、伊織さん」
 大きな声で意外そうに言ったJ男は、軽い調子で笑う。そんな大声で言うものだから教室で昼食を取っていた面々は伊織へと視線を寄越し、途端、伊織の身体が怯えるように微かに強張り、次いで恥ずかしそうに頬を染めて目を泳がせる「あ、いや」と弁明の声を上げようとした。
 ――これは、駄目だ。嫌な感覚を覚え、経験則が警鐘を鳴らした赤羽はどうにか話題を逸らそうと口を開く。しかし、赤羽から言葉が発されるよりも早く、J男が笑う。

ChatGPT:
「そ…… そうなの。赤羽さん優しいから」

这句话是由一个胆怯的女孩勇敢地向她的男友开口说话,赤羽理解这是为了安慰他而说的话,于是放下心来。同时,聆听这话的J男没有在意,却突然注意到赤羽碰到伊織的手。赤羽反射性地试图用手掩盖,但他被J男看到了。

“哎,那是指甲油吗?伊織小姐真是涂的漂亮。”

J男大声地说着,轻松地笑着。由于他的大声,教室里正在吃午饭的人们都看向伊織,伊織的身体微微紧绷,脸颊涨红,眼睛游移,好像感到害怕和羞愧,试图解释:“啊,不是,我…”

赤羽感到不舒服,根据经验教训,他试图转移话题。然而,J男比赤羽更快地笑了起来。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「そ…… そうなの。赤羽さん優しいから」”

ChatGPT:
“那……是这样啊。因为赤羽先生很温柔呢。”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「あんま似合わないね!」
 伊織の瞳孔が開く。身が強張り、唇が微かに震えた。
 彼女は爪を隠すように手を折り畳んで、顔を赤くさせて俯く。
 そんなあまりにも無神経な一言に、流石に周囲が伊織への同情やJ男への糾弾めいた視線を寄越す中、彼はそんなことにも気づかずに「あ、俺なんかマズいこと言った?」とヘラヘラ笑い始める。
 赤羽は酷い頭痛を感じていた。無神経な彼と、こうなることを想定せずに談笑に耽った愚かな自分に。もっと早く彼を制止する言葉を掛けていれば伊織は傷つかなかったのに、誰とでも上手くやろうとする悪癖が言葉を選ぼうとして、それが遅れた。
 そんな自分に嫌気が差して、けれども自己嫌悪に陥っている暇は無いはずだと己を叱責する。何よりも優先すべきは、彼にその口を開かせないことだった。
 赤羽は、怒っていた。



ChatGPT:
「不太合适呢!」伊織的瞳孔瞪大了。她的身体变得紧绷,嘴唇微微颤抖。

她双手交叉着藏起了指甲,脸涨得通红,低垂着头。

在这样极其无情的话语下,周围的人开始对伊織表示同情,对J男表示谴责,然而J男却没有注意到这些,开始傻乎乎地问道:“啊,我说了什么不好的话吗?”并开始咯咯笑起来。

赤羽感到了一阵严重的头痛。他感到自己和这个毫无情感的人闲聊是多么愚蠢。如果他早点制止了J男的话,伊織就不会受到伤害了。他一直试图在和任何人打交道时表现得友好,这导致他现在难以选择言辞。

他感到非常不满,但也知道自己不能沉迷于自我厌恶。现在最重要的是,阻止J男再开口。赤羽感到非常生气。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「うるさい」
 一年間、人によっては一年生から同じクラスで二年間だろうか。誰とでも上手くコミュニケーションを取って円滑に接してきた、温厚で、冷静で、顔立ちの整った人気者の『赤羽さん』の、誰も聞いたことが無いような酷く冷めた声だった。
 声量は抑えて、語調を荒らげることもない。
 ただ、背中と服の隙間に氷を入れるような、そんな声であった。
 俯きがちだった伊織は、目を丸くして赤羽を見る。濡れた目が揺れた。
 赤羽の初めて聞く声色にクラスメイト達は驚き、中でもJ男は委縮するように身を強張らせる。掠れた呼吸が彼の喉を通過し、かひゅ、と音がこぼれた。
「言葉は選ぼうよ。相手が居て『会話』なんだから」
 彼は伊織に酷いことを言ったが、それを理由に傷つけては咎める資格さえ失いかねない。
 赤羽が柔らかく笑うと、途端に空気が弛緩した。油を差した機械仕掛けのように、少しずつ教室が時間を思い出す中、彼は引き攣った笑みを浮かべながら弁明の声を絞り出す。



ChatGPT:
“吵死了。”

这位人缘很好,温和冷静,容貌出众的『赤羽先生』一直以来和所有人都能顺利交流和相处,可能已经和某些人在同一个班级里待了两年了。然而,他的声音此时却异常冷漠,好像没有人听过一样。

他的声音并不大,也没有突出的语气。

但它像是把冰块倒进背后和衣服之间一样冰冷。

伊織低头的时候看到了赤羽惊人的变化,她的湿润眼睛开始颤动。

同班同学们都吃惊于赤羽从未听过的声音,特别是J男,他的身体也紧绷了起来。掠过喉咙的呼吸发出了“嘶嘶”的声音。

“你需要选择你的用词。你和他人正在进行‘对话’。”

虽然他曾经说了伊織不该听的话,但他也有可能因此失去谴责他的资格。

赤羽微笑着,气氛立刻变得松弛起来。在这个时间似乎静止的教室里,就像是给机器加了油一样,他开始试图解释,留下了痉挛的微笑。


You:


ChatGPT:
很抱歉,您似乎没有提供要翻译的内容。请告诉我您需要翻译的句子或文字,我会尽力为您提供翻译和改进。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「…… お、俺、空気読むの苦手で」

「じゃあ、今度一緒に勉強しようよ。人との話し方とか」
 赤羽が微笑むと、彼は複雑そうに顔を歪めた。
 それからしばらくして、伊織に頭を下げ、恥じるように声を絞った。
「ご…… ごめん」

「あ、いやっ…… その、全然」
 伊織は急な謝罪に戸惑いながら、気にしていない旨を伝えた。
 少しくらい苦言を呈したり、赤羽を盾に咎めたりするくらいの行為は誰も咎めないだろうが、伊織は決して糾弾することなく謝罪を受け入れた。それは彼女が優しいからなのか、それとも厳しくなれないだけなのかは分からなかったが、一先ず胸を撫でおろす。
 少し離れた位置で事態を見守っていたD子とE子が、落ち込む彼に声を掛ける。
「ちなみに今のはマジで無いからね」

「仲良い相手に聞かれて答えるならともかく、首突っ込んでそれは最悪」”

ChatGPT:
「……啊,我不太擅长读空气。」

「那我们下次一起学习吧。关于和人交谈的技巧之类的。」

当赤羽微笑时,他的表情变得复杂起来。

之后,他向伊織低头,用一种羞愧的声音说道:

「对……对不起。」

「啊,没事啦……那个,不要紧。」

虽然像这样发表一些不好的意见,或是以赤羽为盾来责备他,谁也不会责备她。但伊織没有责备他,而是接受了他的道歉。不知道是因为她太温柔了,还是因为她不能变得严厉,但她暂时放下了心中的不安。

D子和E子在一旁注视着事态的发展,向沮丧的他说话。

「顺便说一下,刚才的话不是真的啦。」

「如果是被亲近的人问起来回答的话就算了,但是主动插手的话就是最糟糕的了。」


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“それなりに親しい間柄であるが故の仕打ちだろうが、次々に投げ込まれる石に、赤羽は流石に制止の声を上げる。「追い打ちしない! 反省してるんだから」と二人を咎めると、彼女たちは指でバツ印を作り、揃って口を塞いだ。
 J男は肩身が狭そうにしながらいそいそと席を離れていく。
 さて、伊織にどう詫びようか。赤羽は思案する。或いは傲慢とも解釈できるかもしれないが、赤羽が安易に話しかけなければ彼女にこのような火の粉が飛ぶことは無かったはずだ。何より、酷く傷つけてしまう前に庇うべきだった。
 どのような顔を彼女に向ければいいのかも分からずに悩む赤羽。
 その時、伊織の声が赤羽の鼓膜を撫でる。
「あ、あの……」
 見ると、彼女は不安そうな表情を浮かべていた。
 やはり傷つけてしまったか。先ずは率直に謝ろうと決めた赤羽だったが、それよりも先に彼女が口を開いた。”

ChatGPT:
在那種程度上算是熟悉的关系吧,因此也是不出所料的对待方式。但在不断被投掷的石块中,赤羽终于开口制止:“不要再追打了!她已经反省了。”听到这话,两人做出了X字的手势,默默闭上了嘴巴。

J男则一脸窘迫地匆匆离席。

此时,赤羽正考虑如何向伊織道歉。虽然这样解释可能有些傲慢,但如果赤羽不轻率地开始交谈,伊織应该不会遭受到这样的伤害。在任何情况下,赤羽都应该保护她,避免伤害。

赤羽烦恼着如何面对伊織,此时,她的声音轻轻拂过了赤羽的耳膜。

“那个……”

赤羽看向她,发现她脸上带着一丝不安的表情。

她受伤了吗?赤羽本想率直地道歉,但她却先开了口。


You:
「…… さっきの話って、まだ生きてるの?」
 開いた口をそのまま、赤羽は目を見張る。
 彼女の浮かべた不安の中に、滲むような決意があった。
 J男の言葉で彼女がお洒落に苦手意識を持ってもおかしくなかった。だからこそ彼女のこの言葉は予想外で、そして嬉しかった。
 赤羽は見開いていた目を細め、微かに笑う。少しだけ、おどけた調子で。
「もちろん」

ChatGPT:
“是因为我们之间有着一定的亲密关系才会这样吗?然而,赤羽被连续投掷的石头击中,他毕竟还是喊出了制止的声音。‘别继续攻击了!她已经反省了’,他责备着两人,并用手指做出叉叉的手势,让她们闭上嘴巴。”

“J男看起来非常难受,急急忙忙离开了座位。”

“赤羽陷入了沉思,该怎样向伊织道歉呢。尽管这也许可以被解释为傲慢,但如果赤羽不轻率地开口,就不会有这样的恶果。在伤害她之前,他应该首先保护她。”

“赤羽纠结着,不知道该怎么面对她。”

“这时,伊织的声音轻轻地触及了赤羽的耳膜。”

“‘那个……’”

“他抬头看着她,发现她的脸上带着一种不安的神情。”

“他的话可能让她对自己的时尚感到不安,所以她的这句话并不出乎意料。因此,他们的对话使赤羽非常惊讶,同时也感到很高兴。”

“赤羽眯起了眼睛,微微地笑了。他有一点开玩笑的口吻。”

“‘当然啦’”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「…… さっきの話って、まだ生きてるの?」
 開いた口をそのまま、赤羽は目を見張る。
 彼女の浮かべた不安の中に、滲むような決意があった。
 J男の言葉で彼女がお洒落に苦手意識を持ってもおかしくなかった。だからこそ彼女のこの言葉は予想外で、そして嬉しかった。
 赤羽は見開いていた目を細め、微かに笑う。少しだけ、おどけた調子で。
「もちろん」”

ChatGPT:
原文已经很文艺了,没有需要更正或改进的地方。以下是中文翻译:

赤羽惊讶地望着伊織张开的嘴巴。她的表情中透露出一股决意和不安。在J男的话语之后,伊織对时尚领域的不自信也是可以理解的。正因为如此,她的话语显得出人意料,也让赤羽感到开心。他微微笑了起来,一副玩世不恭的姿态。

“当然。”
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:21 ID:Wk/eEH.k] No.343  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「…… さっきの話って、まだ生きてるの?」
 開いた口をそのまま、赤羽は目を見張る。
 彼女の浮かべた不安の中に、滲むような決意があった。
 J男の言葉で彼女がお洒落に苦手意識を持ってもおかしくなかった。だからこそ彼女のこの言葉は予想外で、そして嬉しかった。
 赤羽は見開いていた目を細め、微かに笑う。少しだけ、おどけた調子で。
「もちろん」”

ChatGPT:
「…… さっきの話って、まだ生きてるの?」这句话让赤羽目瞪口呆。

她的担忧中透着一股坚定的决心。

虽然以J男的语言来看,她对时尚的不擅长并不奇怪,但这也正是为什么她的话会出乎意料,令人高兴。

赤羽微笑着,眼中流露着一抹玩笑的神情。

「当然。」


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“…… さっきの話って、まだ生きてるの?”

ChatGPT:
「…… さっきの話って、まだ生きてるの?」这句话意味着“那个话题,还没有结束吗?”。

如果您想更加优美地表达这句话,可以将其改为“那个话题,仍在继续吗?”或“之前的话题,是否还在持续中?”。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“校舎は上から見ると『H』の形をしている。東に授業を受ける教室棟、西に特別教室棟。
 それらの中央を渡り廊下が繋ぐことで校舎は完成する。
 構造の都合上、昼休みなどの長時間の休憩にわざわざ渡り廊下を超えて特別教室棟を訪れる生徒は多くない。そんな特別教室棟の四階は、職員すら殆ど通行することは無かった。
 かつては教職員が喫煙室として利用していた四階東端の空き教室を訪れた赤羽は、窓際最後尾の席を伊織と挟む様に座っていた。
 窓を開けて換気し、彼女の指にベースコートを塗る。
 校庭の向こうの車道から車が行き交う音を、渡り廊下の奥の教室棟から淡い喧騒を聞く。
 近くに、互いの息遣いだけが聞こえた。
 木造机に置かれた手。その指を拾うように摘んだ赤羽は、優しい手つきで彼女の爪に着彩していく。対面に静かに座る伊織の綺麗な頬は、水彩絵の具のように朱を滲ませていた。
 触れ合う指先が鼓動を感じ取るような時間、赤羽は苦でもない沈黙を気まぐれに破る。”

ChatGPT:
“校舍俯瞰之,形似‘H’字。东侧为教室楼,西侧为特别教室楼。

通过中央连廊连接这些建筑,校舍才得以完整。

由于建筑结构的原因,很少有学生会在午休等长时间的休息时,穿过中央连廊去特别教室楼。因此,即使是特别教室楼的四楼,职员也很少经过。

曾经,赤羽去了四楼东端的空教室,那里曾经是教职员的吸烟室。她坐在靠窗的座位上,夹在伊織和她之间。

她打开窗户通风,并在伊織的手指上涂了底漆。

从校园对面的道路上传来汽车行驶的声音,从中央连廊远处的教室楼传来淡淡的喧嚣声。

她们靠得很近,只听到对方的呼吸声。

赤羽轻轻捏起放在木制桌子上的手。她用温柔的动作给伊織的指甲涂上色彩。伊織端坐着,她的美丽面容仿佛水彩画一样泛着朱红。

指尖碰触,时间仿佛静止下来,赤羽任性地打破了这并不尴尬的沉默。”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「自分から提案しといてアレだけど、伊織さんは断るかもと思ってた」
 伊織の爪を見詰めながら呟く赤羽。伊織は上目に赤羽を盗み見た。
「…… 迷ってたの。赤羽さんの言葉に背中を押してもらっても、やっぱり…… 私なんかって思って、可愛くなろうとするのが怖かった」

「勇気を出したんだね。カッコいいよ」

「赤羽さんが庇ってくれたから」
 筆を動かす手を止め、赤羽も上目遣いに彼女を見た。
 瞳を隠すような彼女の黒髪の幕を隔てて視線が交わる。
「…… それだけ?」
 伊織は頷く。
「赤羽さんは一年生の頃に憧れた時のまま、困っていたら助けてくれる優しい人だった。自分が正しいと思うことに自信を持って生きられる人で…… それなのに、私は何も変わらないままだったって、今更気付いちゃった。だから、変わろうと思ったの」”

ChatGPT:
「自己提出提议,但我还是担心伊織会拒绝」赤羽低声喃喃,盯着伊織的指甲。伊織瞥了一眼赤羽。

「……我一直在犹豫。即使有赤羽的鼓励,我还是觉得自己不够好,害怕尝试变得更可爱。」

「你很勇敢啊,很酷。」

「因为有赤羽的支持。」

赤羽停下了她涂指甲的手,也向伊織投去了媚眼。

他们的目光交汇,只隔着伊織黑色的发帘。

「……就只是因为这个吗?」

伊織点了点头。

「赤羽在一年级时就是我所憧憬的模样,总是帮助需要帮助的人,是个非常善良的人。她有信念和自信,能够坚定地走自己认为正确的道路……可是,我发现自己还是一事无成,没有什么变化。所以,我想改变自己。」


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“一つ一つ、言の葉を紡いで想いを織る彼女に、赤羽は静かに耳を傾けた。
 己を恥じるように、或いは状況に心が揺れるように彼女の顔は赤く染まっている。
「それなら今日、ちゃんと一歩進めたね」
 しっかりと見届けた。保証する。
 認めるように赤羽が囁けば、冬の風に乗るその言葉を聞いた伊織は頬の紅潮をいっそう強め、緩む頬を抑えられぬまま嬉しそうに頷いた。「うん」と。
 ベースコートを塗り終えた赤羽は、次にポリッシュを取り出して塗り始める。
 数分ほど心地よい無言を過ごす頃には、それも塗り終えていた。
 ポリッシュの表面が固まった頃を見計らい、赤羽はトップコートに手を伸ばす。
「私さ、友達と可愛いものについて語り合うのが好きなんだ」
 不意に呟くと、彼女の綺麗な瞳が赤羽を見た。
「でも、あんまり言わないようにしている言葉があるの。『綺麗』って言葉」

「…… そうなの?」



ChatGPT:
「一词一句地编织着思念的言语,赤羽静静地倾听着。她的脸颊涂上了红晕,或许是因为羞愧,或许是因为情境而感到动荡。」

「如果这样的话,你今天就向前迈出了一步。」赤羽认真地目睹着,向伊织保证着。

当赤羽低声认可时,伊织听到这句话像冬风一样吹来,脸颊的红潮更加强烈了,她高兴地点了点头:“嗯。”

赤羽涂完了底油,开始涂甲油。

在愉快的沉默中度过了几分钟后,甲油也涂好了。

等甲油表面变硬之后,赤羽开始涂面油。

「你知道吗,我很喜欢和朋友们谈论可爱的事情。」她突然喃喃自语道,伊织的美丽双眸看着她。

「但是,有一些词汇我不太敢用,比如『漂亮』这个词。」

「是吗?」
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:21 ID:Wk/eEH.k] No.344  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“意外そうな問いかけに、赤羽は頷く。
「持論だからあまり真面目に受け取らないで欲しいんだけど、可愛いは主観って感じがするけど、綺麗は客観的な雰囲気があるでしょ? それでさ、一度でも人のお洒落を『綺麗』かそうでないかで評価してしまうと、そこから先の物差し全てに『綺麗』の目盛りが刻まれるような気がするんだ」
 それが悪だとは断じて思わないが、そうでないお洒落も全力で肯定したいのだ。
「綺麗でなくたっていいし、似合わなくたっていい。好きなように自分を着飾って生きていい。その上で、見たものが自分の琴線に触れたなら『可愛い』し、そうでないなら『私は可愛いと感じない』だけで、その人の嗜好を否定しなくて済むじゃん。まあ、私は綺麗って言われたいし、言葉にするのを避けてるってだけなんだけど」
 あくまでもその程度。意識しなければ口にしてしまうし、きっと気付かない内に言うこともあるだろう。それでも、綺麗であるか否かだけで他人の可愛くなろうとする努力を計りたくないという我が儘なのだ。”

ChatGPT:
在听到那个出乎意料的问题时,赤羽点了点头。

“虽然这只是我的看法,不要太认真地接受它,但我觉得可爱是一种主观感受,而美丽则具有客观的氛围。所以,如果你在某个时刻就从“美丽”或“不美丽”来评价别人的时尚,那么从那时起,你所有的衡量标准都将被刻上“美丽”的烙印。”

我并不认为这是一种错误,但我也想全力肯定那些不是如此的时尚。

“你不必美丽,你不必适合。你可以穿着你喜欢的服装自由地生活。如果你看到某个东西触动了你的琴弦,那么它就是‘可爱’,否则它就是‘我不觉得可爱’,这样你就不必否定别人的口味了。虽然我想被称作美丽,但我只是因为害怕用这个词而避免了这样说而已。”

这只是我个人的想法。如果不注意的话,我可能会不知不觉地说出这些话。即使如此,我也不想在评价别人的可爱程度时只考虑他们的外貌,而忽略了其他方面的努力。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“そして、それは前置きだった。
 赤羽はトップコートを塗る手を止め、机の上に伸ばされた彼女の手を見詰める。
 柔らかく傷も無く、爪は丁寧に切り揃えられてシミも無い。見惚れるくらいに形が整っており、気を抜いたら目を奪われそうな魔性の魅力があった。
「今の話、全部無視するね」
 赤羽は彼女の手をそっと持ち上げつつ、敗北感に笑いながら告げた。
「嫉妬するくらい綺麗だよ」
 途端、伊織の顔が爆発した。嘘だ。急激に赤く染まった。茹でた海老のようだった。
 何が、とは具体的に言わなくても全てが伝わったようで、赤羽は自身の敗北宣言が少しでも彼女の心を乱せたのなら僥倖だと薄笑いを浮かべる。けれども動揺のせいで手が動き塗りづらく、「こら」とマニキュアが不格好にならないよう彼女を叱責した。



ChatGPT:
接着,那只是一个前言。

赤羽停下了刷顶油的手,凝视着放在桌子上的她的手。

这双手柔软而没有疤痕,指甲被仔细地剪整,没有任何污点。它们的形状非常整齐,让人目不转睛,有着一种魔性的吸引力。

“我要忽略掉你刚才说的话。”

当赤羽轻轻地握住她的手时,他笑着说道,这让他感到了一丝失败。

“你的手真漂亮,我都嫉妒了。”

这时,伊织的脸色突然变红了,像是煮熟的虾一样。她不需要具体说出原因,赤羽就已经明白了。

如果他的认输宣言能够稍微动摇她的内心,那他就算是有点运气的。

但是,由于动摇的原因,他的手开始不稳,顶油也不好刷了。他警告她不要让指甲油弄坏了。
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/04/30(日)15:22 ID:Wk/eEH.k] No.345  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“彼女は少し落ち着いて大人しくなったかと思うと、ちらりと赤羽を見る。
 トップコートをさっさと塗り終えてしまおうと筆を動かそうとする赤羽に、伊織は淡い緊張を含んだ声を絞り出した。前髪の奥の瞳が赤羽を射抜く。
「でも、あ…… 赤羽さんの方が、綺麗だよ」
 気弱な彼女から来るとはまるで想像もしていなかった口説き文句に、赤羽は絶句する。
 それから、やや遅れて彼女の言葉の意味を砕いて嚥下した赤羽は、思わず吹き出して、手で口元を押さえる。「あー」と何か軽口を返そうかとも思った赤羽だったが、言葉を選ぶ内に、その綺麗な顔が少しずつ火照りを帯びていく。
 賛辞には慣れていた。口説き文句は親の説教よりも聞いてきた。
 けれども、多少なり気を許して友愛を抱いている身近な相手に、面と向かって力強く断言されると、恥ずかしさも込み上げてくるというもの。
 赤羽は、口元を覆っていた手を僅かに持ち上げてそのまま顔を隠し、意外そうな顔をする伊織に照れ笑いを見せた。”

ChatGPT:
当她稍微镇定下来、变得安静乖巧的时候,她的视线飞快地瞥向赤羽。赤羽正准备迅速涂完面漆,突然听到伊织含着淡淡的紧张说话,抬起头来看向她的时候,她的前额内侧的眼睛正射穿着赤羽。

“但是……啊,赤羽先生更漂亮哦。”

听到这句腼腆女孩从嘴里说出的赞美,赤羽楞住了。

然后,略微迟钝地理解了她的话的赤羽,不禁哈哈大笑,用手捂住嘴巴。他本来想回嘴一句轻松的话,但在挑选用词的过程中,发现自己的脸渐渐泛起红晕。

他习惯了听赞美的话。比起父母的训话,他更多地听到了这些追求时的话语。

但是,当这样的话语从亲近的朋友口中直接肯定,尤其是当面而言,那种羞耻感就不可避免地涌上心头了。

赤羽将捂着嘴巴的手轻轻抬起,遮住了自己的脸,同时向伊织露出尴尬的微笑。


You:
「…… なんか、照れちゃうね」
 彼女の爪を塗り終え、五限目の始まりが迫る中、二人は連絡先を交換した。
 十二月中旬。空き教室に二足早い春を感じた。

ChatGPT:
“……感觉有点害羞呢。”

在涂完她的指甲之后,五节课即将开始的时候,两个人交换了联系方式。

这是十二月中旬。他们在空教室里提前感受到了春天的气息。
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/05/04(四)03:26 ID:JvEatgIE] No.347  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“意外そうな問いかけに、赤羽は頷く。
「持論だからあまり真面目に受け取らないで欲しいんだけど、可愛いは主観って感じがするけど、綺麗は客観的な雰囲気があるでしょ? それでさ、一度でも人のお洒落を『綺麗』かそうでないかで評価してしまうと、そこから先の物差し全てに『綺麗』の目盛りが刻まれるような気がするんだ」
 それが悪だとは断じて思わないが、そうでないお洒落も全力で肯定したいのだ。
「綺麗でなくたっていいし、似合わなくたっていい。好きなように自分を着飾って生きていい。その上で、見たものが自分の琴線に触れたなら『可愛い』し、そうでないなら『私は可愛いと感じない』だけで、その人の嗜好を否定しなくて済むじゃん。まあ、私は綺麗って言われたいし、言葉にするのを避けてるってだけなんだけど」
 あくまでもその程度。意識しなければ口にしてしまうし、きっと気付かない内に言うこともあるだろう。それでも、綺麗であるか否かだけで他人の可愛くなろうとする努力を計りたくないという我が儘なのだ。”

ChatGPT:
在听到那个出乎意料的问题时,赤羽点了点头。

“虽然这只是我的看法,不要太认真地接受它,但我觉得可爱是一种主观感受,而美丽则具有客观的氛围。所以,如果你在某个时刻就从“美丽”或“不美丽”来评价别人的时尚,那么从那时起,你所有的衡量标准都将被刻上“美丽”的烙印。”

我并不认为这是一种错误,但我也想全力肯定那些不是如此的时尚。

“你不必美丽,你不必适合。你可以穿着你喜欢的服装自由地生活。如果你看到某个东西触动了你的琴弦,那么它就是‘可爱’,否则它就是‘我不觉得可爱’,这样你就不必否定别人的口味了。虽然我想被称作美丽,但我只是因为害怕用这个词而避免了这样说而已。”

这只是我个人的想法。如果不注意的话,我可能会不知不觉地说出这些话。即使如此,我也不想在评价别人的可爱程度时只考虑他们的外貌,而忽略了其他方面的努力。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“そして、それは前置きだった。
 赤羽はトップコートを塗る手を止め、机の上に伸ばされた彼女の手を見詰める。
 柔らかく傷も無く、爪は丁寧に切り揃えられてシミも無い。見惚れるくらいに形が整っており、気を抜いたら目を奪われそうな魔性の魅力があった。
「今の話、全部無視するね」
 赤羽は彼女の手をそっと持ち上げつつ、敗北感に笑いながら告げた。
「嫉妬するくらい綺麗だよ」
 途端、伊織の顔が爆発した。嘘だ。急激に赤く染まった。茹でた海老のようだった。
 何が、とは具体的に言わなくても全てが伝わったようで、赤羽は自身の敗北宣言が少しでも彼女の心を乱せたのなら僥倖だと薄笑いを浮かべる。けれども動揺のせいで手が動き塗りづらく、「こら」とマニキュアが不格好にならないよう彼女を叱責した。



ChatGPT:
接着,那只是一个前言。

赤羽停下了刷顶油的手,凝视着放在桌子上的她的手。

这双手柔软而没有疤痕,指甲被仔细地剪整,没有任何污点。它们的形状非常整齐,让人目不转睛,有着一种魔性的吸引力。

“我要忽略掉你刚才说的话。”

当赤羽轻轻地握住她的手时,他笑着说道,这让他感到了一丝失败。

“你的手真漂亮,我都嫉妒了。”

这时,伊织的脸色突然变红了,像是煮熟的虾一样。她不需要具体说出原因,赤羽就已经明白了。

如果他的认输宣言能够稍微动摇她的内心,那他就算是有点运气的。

但是,由于动摇的原因,他的手开始不稳,顶油也不好刷了。他警告她不要让指甲油弄坏了。
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“彼女は少し落ち着いて大人しくなったかと思うと、ちらりと赤羽を見る。
 トップコートをさっさと塗り終えてしまおうと筆を動かそうとする赤羽に、伊織は淡い緊張を含んだ声を絞り出した。前髪の奥の瞳が赤羽を射抜く。
「でも、あ…… 赤羽さんの方が、綺麗だよ」
 気弱な彼女から来るとはまるで想像もしていなかった口説き文句に、赤羽は絶句する。
 それから、やや遅れて彼女の言葉の意味を砕いて嚥下した赤羽は、思わず吹き出して、手で口元を押さえる。「あー」と何か軽口を返そうかとも思った赤羽だったが、言葉を選ぶ内に、その綺麗な顔が少しずつ火照りを帯びていく。
 賛辞には慣れていた。口説き文句は親の説教よりも聞いてきた。
 けれども、多少なり気を許して友愛を抱いている身近な相手に、面と向かって力強く断言されると、恥ずかしさも込み上げてくるというもの。
 赤羽は、口元を覆っていた手を僅かに持ち上げてそのまま顔を隠し、意外そうな顔をする伊織に照れ笑いを見せた。”

ChatGPT:
当她稍微镇定下来、变得安静乖巧的时候,她的视线飞快地瞥向赤羽。赤羽正准备迅速涂完面漆,突然听到伊织含着淡淡的紧张说话,抬起头来看向她的时候,她的前额内侧的眼睛正射穿着赤羽。

“但是……啊,赤羽先生更漂亮哦。”

听到这句腼腆女孩从嘴里说出的赞美,赤羽楞住了。

然后,略微迟钝地理解了她的话的赤羽,不禁哈哈大笑,用手捂住嘴巴。他本来想回嘴一句轻松的话,但在挑选用词的过程中,发现自己的脸渐渐泛起红晕。

他习惯了听赞美的话。比起父母的训话,他更多地听到了这些追求时的话语。

但是,当这样的话语从亲近的朋友口中直接肯定,尤其是当面而言,那种羞耻感就不可避免地涌上心头了。

赤羽将捂着嘴巴的手轻轻抬起,遮住了自己的脸,同时向伊织露出尴尬的微笑。


You:
「…… なんか、照れちゃうね」
 彼女の爪を塗り終え、五限目の始まりが迫る中、二人は連絡先を交換した。
 十二月中旬。空き教室に二足早い春を感じた。

ChatGPT:
“……感觉有点害羞呢。”

在涂完她的指甲之后,五节课即将开始的时候,两个人交换了联系方式。

这是十二月中旬。他们在空教室里提前感受到了春天的气息。
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“二学期の終業式も目前に迫りつつある仲冬。
 随分と冷え込む夜。暖房を効かせた部屋で、赤羽は細部の凝った黒の下着だけを身に着けて自分自身を撮影していた。ベッドに腰を落として壁に背を預け、外側カメラを目の前の姿見に向けてシャッターを切る。
 撮れた一枚が見惚れるような完成度だったから、赤羽は満足そうに頷いた。
 流れるように写真加工を施した赤羽は、それを裏アカウントに投稿する。
 今日の一枚は自信がある。いつもよりも伸びるだろう。
 そんなことを思っていると、投稿には瞬く間に千件近い『いいね!』が付いた。これはまだまだ伸びそうだ。だらしなく口を緩め、赤羽はうつ伏せのままにスマートフォンを眺めた。
 至福の料理を堪能するように、恋人と性行為をするように、純白のベッドで寝るように。



ChatGPT:
二学期即将结束的寒冬,夜晚渐渐变冷。赤羽穿着精致的黑色内衣,只身在开着暖气的房间里自拍。他坐在床上,靠着墙壁,把外置相机对准镜前的姿态,按下快门。

他对自己的作品感到满意,因为他拍出了一张完美的照片,赤羽点了点头。

经过流畅的后期处理,赤羽把照片发布在了他的私人账户上。

今天的照片他很有自信,他认为它比以往的更具吸引力。

就在他这样想的时候,他的帖子迅速收到了接近千个“赞”!这还只是开始,这个数字还会继续上涨。赤羽放松下颌,趴在床上看着手机。

这种感觉就像享受美食、与恋人做爱、躺在纯白的床上一样幸福。


You:
翻译为中文:人は渇望に迫るほどの欲求を満たす瞬間に至上の快楽を得る。赤羽にとって承認欲求を満たすこの瞬間はそれらに匹敵するものであり、脳から耐え難い何かが分泌されるのを感じながらベッドの上でしばらく悶えた。
 伸びていく『いいね!』と『シェア』。それから付いていくコメントと増えていくフォロワーをぼんやり眺めつつ至福の時間に浸っていると、赤羽は僅かに満たされない感覚があることに気が付く。「……」腹七分目のような、いつもより一時間だけ睡眠時間が少なかった日のような、歯がゆい欠落への不満を胸中に感じ、疑問符を浮かべる。
 ここ最近、何度かこうして裏アカウントに投稿をしているのだが、以前よりずっと調子よく数字は伸びているのにも関わらず、以前のような満足感を得られなかった。飽きてしまったのかとも自分に問い合わせてみたが、自答は得難い至福の快楽で、そこに飽きは無い。
 あるのはただ、少しの物足りなさと寂寥感。この正体は何だろうか。

ChatGPT:
当人们满足渴望一直追求的欲望时,他们能够获得至高无上的快乐。对于赤羽来说,满足认可欲望的这一瞬间也同样强烈,他感受到脑内分泌出无法忍受的某种物质,然后在床上挣扎了一会儿。

他观察着越来越多的“赞”、“分享”、评论和追随者,沉浸在幸福的时光中,但同时也注意到自己有一些不满足的感觉。就像饱食未饱、睡眠时间只有比平时少一小时、还有一种无法忍受的缺失感,他感到疑惑。

最近,他已经多次在私人账户上发布过帖子,尽管数字一直都在上升,但他并没有获得之前那种满足感。他自问自答:难道是厌倦了吗?但实际上,他的至福快感已经让他无法回答这个问题。

他只感到一些微不足道的不满和孤独感。这一切是什么原因呢?


You:
翻译为中文:伸びていく『いいね!』と『シェア』。それから付いていくコメントと増えていくフォロワーをぼんやり眺めつつ至福の時間に浸っていると、赤羽は僅かに満たされない感覚があることに気が付く。「……」腹七分目のような、いつもより一時間だけ睡眠時間が少なかった日のような、歯がゆい欠落への不満を胸中に感じ、疑問符を浮かべる。

ChatGPT:
当“赞”和“分享”数量不断增加时,评论和追随者也随之而来。在沉浸在幸福的时光中并迷糊地注视着这一切时,赤羽意识到自己有一些微不足道的不满足感。“……”他感到一种像饱食未饱或者睡眠时间只比平时短了一小时的不满,这种不满滋生在他的内心,让他感到非常不安,同时也让他开始质疑一切。


You:
/api 1111

ChatGPT:
对不起,我不理解您的请求。请提供更多上下文或更详细的信息,以便我可以更好地帮助您。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“ あるのはただ、少しの物足りなさと寂寥感。この正体は何だろうか。
 考えても答えは出ず、赤羽はため息と共に思考を切り替えた。
 翌日、大掃除を目前に控えた冷え込む朝。赤羽は昇降口で伊織と遭遇した。
 いつもと変わらない綺麗な黒髪は瞳を覆い隠すように長く伸びて、黒と赤のチェックマフラーには数束の髪が収まっている。彼女は寒そうに白い吐息をこぼしながら俯きがちに昇降口に上がったかと思うと、赤羽に気付かぬまま靴を履き替えようとする。
 同じく電車通学だが、使用している線が異なるため普段はあまり会うことが無い。珍しいと思いつつ、赤羽は彼女に声を掛ける。
「前を見ないと危ないよ、お嬢さん」”

ChatGPT:
“存在着一些微不足道的不满和孤独感。这个不满的本质是什么呢?”赤羽无法得出答案,于是他叹了口气并切换了思维方向。

第二天,寒冷的早晨即将迎来大扫除,赤羽在出入口遇见了伊织。

她那一如既往的美丽黑发长长地遮住了双眼,而她的黑色和红色格子围巾中夹杂着几缕头发。她低着头,好像感觉有些寒冷,一边喘着白气一边爬上出入口,没注意到赤羽正在看她,而他想着这次相遇很罕见,便向她打招呼。

“小姐,你要看前面,不然很危险的哦。”


You:

「前を見ないと危ないよ、お嬢さん」

「ぴぎゃ!?」
 どうやら存在にすら気付いていなかったようで、彼女は身を仰け反らせながら悲鳴を上げた。周囲の生徒が目を丸くして視線を寄せてくる中、赤羽は良い反応に笑う。
「おはよう。今日も寒いね」

「お、お…… おはよう」
 伊織はバクバクと跳ねる心臓を撫でつつ挨拶に応じた。
 二人は並んで教室へと足を運ぶ。――マニキュアの一件以来、こうして度々学校内で言葉を交わす。わざわざ放課後に約束を取り付けてまで何かをすることはないが、秘密を共有し、趣味嗜好が似通った両者が意気投合するのは必然と言えた。
 伊織にとって、赤羽は予てよりの憧れと聞く。
 赤羽にとっては以前と変わらず、控えめなクラスメイトという認識だ。だが、最近はそこに明確な友愛があることを自覚している。関係に友情という名前をわざわざ貼り付けるのは少々気恥ずかしかったが、付けるのにそれ以上相応しいものは無かった。

ChatGPT:
“小姐,你要看前面,不然很危险的哦。”

“啊!?” 伊织似乎没注意到他的存在,惊叫着向后仰去。周围的学生惊奇地看着这个场面,而赤羽则对她的反应感到满意。

“早上好。今天也很冷啊。”

“啊,啊……早上好。”

伊织摸着自己跳动的心脏回应着问候。

两人并肩走向教室——自从指甲油事件以来,他们在学校里频繁交流。虽然他们不会特地在放学后约会,但作为分享秘密、拥有相似兴趣的人,他们之间的交情不可避免地加深了。

对伊织来说,赤羽一直是一个令人向往的存在。

对于赤羽来说,他仍然认为伊织是一个相对低调的同学。但最近,他开始意识到他们之间存在着真正的友情。把这种关系称为“友情”有点尴尬,但除此之外,他找不到更适合的词语。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「そういえば……」
 伊織が歯切れ悪そうに切り出した。
「最近、その…… えっちな投稿多いね」
 冬の火照りとは明確に異なる熱を顔に宿している。確かに、最近は全年齢向けの投稿頻度はかなり落ちてきている。「あー」と得心した赤羽は訳を告げようとして――ふと、胸の奥が疼くような感覚を覚えた。淡い寂寥感を思い出す。
 大切なものにぽっかりと穴が開いているような寂しさと物足りなさを感じた。
 不意に仮説が浮かぶ。
 ここ最近、普段よりずっと多く反響を貰って好評だというのに、どうしてか心が満たされないのは、彼女から『いいね!』を貰っていないからではないだろうか。
 砂糖を煮詰めた時のような粘性の気泡が心の膿に沸く。臓器を絞るような圧迫感が、『なんでああいう投稿には反応をしてくれないんだろう』という漠然とした疑問が浮上した。



ChatGPT:
「そういえば……」伊織的话语有些勉强。

「最近,那个……你的色情投稿好像多了呢。」

赤羽的脸上不再是冬日的火热,而是一种明显不同的热情。的确,最近全年龄投稿的频率有相当程度的下降。赤羽正想解释,突然感到胸中一阵疼痛。淡淡的孤寂感涌上心头,引起她的注意。

她突然想到了一个假设。

最近虽然比平常受到了更多的关注和好评,但为什么心里还是无法满足呢?难道是因为没有从她那里得到“赞”吗?

心中如同煮沸的糖一般黏稠的泡沫,让她感到内心受到了压迫。她产生了一种模糊的疑问:“为什么在那些投稿上不给我反应呢?”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“思わず、赤羽は彼女に尋ねる。
「…… そういえば、ああいう投稿はどうして『いいね!』してくれないの?」
 伊織は、微かに表情を強張らせて言葉を呑んだ。
 かつて、彼女には一度同じ質問をしている。その時は赤羽にとって重要な事柄ではなく、返答は聞かなかった。けれども今は、明確に聞きたいという感情を抱いている。
 彼女が嫌がるのであれば無理には聞かないが、教えてほしかった。
 赤羽は彼女に対して明確に友愛を抱いている。彼女のことは知りたいし、自分のことは知ってほしい。普段の投稿を見て応援してくれている彼女が、どうして性的な投稿に限って一切の反応を示さないのか、知りたいと思うのは道理であった。
 赤羽の秘密を彼女は知り、そうして芽生えた縁を深めるために彼女の隠し事も知りたい。そう思うのは間違っていることなのだろうか。分からなかったが、感情に従った。
 赤羽の問いに対して、伊織は「そ…… その」と口ごもって俯く。
 明らかに、打ち明けることに対して消極的であった。赤羽は無理に聞き出すのも悪いかと思いつつ、淡い不満を彼女に対して抱いてしまう。性的なものが嫌いなら言えばいいし、家族に見られることがあるなどの環境的要因があるなら隠す必要もない。”

ChatGPT:
思わず,赤羽向她提出了问题:“……话说回来,为什么你不给那些投稿点个‘赞’呢?”

伊織微微僵硬了一下表情,随即咽下了话。

曾经,她向赤羽问过同样的问题。当时,对于赤羽来说那并不是什么重要的事情,所以没有得到答复。然而现在,他确实怀着明确的好奇心想要听到她的回答。

如果她不想回答,他也不会勉强,但他仍然希望能听到她的想法。

赤羽对伊織怀有明确的友爱之情。他想要了解她的事情,也希望她了解他的。他想知道为什么经常支持他的普通投稿却对性质的投稿毫无反应,这是可以理解的。

伊織知道赤羽的秘密,为了加深两人之间的关系,他也希望了解伊織的秘密。这样想是错的吗?他不知道,但他依从了自己的感情。

听到赤羽的问题,伊織咕哝着低头回答:“那,那个……”

显然,她对于透露自己的想法感到消极。赤羽虽然觉得强行追问也不太好,但还是对她抱有些许不满。如果她不喜欢性质的投稿,可以直说,如果是担心被家人发现等环境问题,也没有必要隐藏。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“どうして言ってくれないのだろうか、と、言語化できない毒を孕む。
 微かな苛立ちを感じた赤羽は、不味い兆候だと自分を嗜める。己の機嫌を取るように『私は可愛い』という言葉を何度も胸中で繰り返し、絶世の美女として自身を確立した。言わないことには言えないなりの理由がある筈だからと己に言い聞かせた。
「そっか、無理に聞いてごめんね」
 柔らかく笑って話を打ち切ると、赤羽はそれ以上の談笑に耽ることはせず、教室へと足早に歩いていく。可能な限り不機嫌さを押し殺したが――彼女は気付いたのかもしれない。「赤羽さん……」と、つっかえながら伊織が呼び止めてきた。
 努めて明るい表情を浮かべた赤羽は、振り返って「どしたの?」と軽い口調で訊く。
 感情を鉄面皮で覆い隠した『皆に優しい赤羽さん』の顔を見た伊織は、眉尻を下げて申し訳なさそうな表情を浮かべる。それがどういう感情に基づくものなのかは分からなかったが――少なくとも、『赤羽』という一人の少女の本心から遠ざかったことは察したのだろう。
 一線を引いた。彼女は裏アカウントのことを知っているが、応援しているのはあくまでもお洒落についての知識や技術、思想だけ。赤羽という個人に対する関心はあまり無い可能性が高く、承認欲求を満たすために行っている投稿についての会話は控えるべきと判断した。
「…… 教室の方が暖かいよ。早く行こう?」
 彼女の言葉がそれ以上続かないことを察した赤羽は、振り返って教室へ行くよう促す。直前に見た伊織の表情は、寂しそうだった。”

ChatGPT:
「为什么不说出来呢?」赤羽感到微微不满,警惕自己的情绪。她一再地在心中重复着「我是可爱的」这句话,以取悦自己,确认自己是一位绝世美女。她告诉自己,不说出来一定有不得已的理由。

「没事,我没勉强你。」她微笑着说完话,没有继续闲聊,急匆匆地向教室走去。她尽力压抑着不快的情绪,但伊織可能已经察觉到了。伊織叫住了她,“赤羽……”声音有些结巴,然后停了下来。

赤羽面带微笑地回过头去,“怎么了?”

看到赤羽那张假面具下的笑容,伊織皱了皱眉,露出一副歉意的表情。虽然不知道伊織的表情背后蕴含着什么情感,但她至少意识到了与“赤羽”这个个体真正相距甚远。

她们保持了距离。虽然伊織知道赤羽有隐藏的账号,但她们只谈论时尚知识、技能和思想。伊織对赤羽个人的兴趣并不大,所以她认为不应该继续讨论关于赤羽的投稿,那只会满足赤羽的赞同欲。

“……教室比较温暖。我们快点去吧?”伊織的话戛然而止,赤羽明白她不想再多说什么。赤羽回过头去,向教室走去,刚刚看到伊織的表情,好像有点寂寞。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“自分という人間の矮小さに嫌気が差したのは、随分と久しぶりのことである。
 帰宅後、入浴を済ませた赤羽はベッドの上に仰向けに倒れて物思いに耽っていた。
 本当に些細な話だ。SNS で繋がっている相手が自身の投稿の一部に『いいね!』を付けてくれないというだけの下らない話である。
 それなのに、赤羽はどうしようもなく胸に靄を抱えてしまっていた。
「…… はぁ」
 ベッドにうつ伏せになり、枕に顔を埋めながら伊織のことを考える。
 臆病で、引っ込み思案で、静かで。けれどもそんな自分を変えようと努力できる人間で、赤羽の秘密を知っている友人だ。そんな特異な関係の相手は初めてだった。
 人と人との関係は、相手に提示するものと要求するものの釣り合いで成立する。
 その視点において、隠し事をしないでほしいという赤羽の要求は明らかに友人関係で許されるそれを逸脱している。人には言えないことがあって当然なのだ。
 そんな時だ。不意に通知音がスマートフォンから鳴った。”

ChatGPT:
赤羽回到家后,洗完澡倒在床上仰卧,陷入沉思。

这真的是一件微不足道的事情。只是 SNS 上关注的人没有给自己的帖子点“赞”。

然而,赤羽却无法抑制自己内心的不满。

“唉……”

趴在床上,把脸埋在枕头里,想着伊織的事情。

伊織是一个胆怯、内向、安静的人。但她可以努力改变自己,而且是知道赤羽秘密的好朋友。这种特殊的关系,对于赤羽来说是前所未有的。

人与人之间的关系是基于双方提供和要求的平衡。

从这个角度来看,赤羽要求伊織不要有任何隐瞒,明显超出了朋友关系应该有的范围。人有不能说的话是很正常的。

这时,手机突然响起了提示音。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“うつ伏せのまま気だるげに手を伸ばしてスマートフォンを探していると、途端、連続して何度も通知が鳴りだした。「んぇ?」と声を上げて身を起こし、赤羽は急いでスマートフォンを見る。
 そこに表示されていたのは、伊織が赤羽の投稿に対して『いいね!』した旨の通知だった。
 付けられた投稿は――過去の性的な写真、全件だ。片っ端から反応されており、通知が絶え間なくスマートフォンから鳴っている。そんな思いがけぬ行動に目を剥いた赤羽は、急いで伊織の反応に対する通知機能を切り、彼女のアカウントページを見た。
 増え続ける赤羽の投稿に対する『いいね!』。それは、先刻まで赤羽が彼女に望んでいた筈のことなのに、欠片も嬉しいなどとは思えなかった。理解しているからだ。彼女が、赤羽に気を遣って機嫌を取るために行っていることであると。
 しかし、それを理解しても彼女に不満を抱くことは無かった。
 寧ろ、罪悪感と自己嫌悪が赤羽の胸を蝕んだ。
 赤羽は複雑な心境と表情でスマートフォンを見詰めた後、目を背けるように液晶を下にしてベッドに放り投げた。それから、膝を抱えて思案に暮れる。
 ふと、私室の扉がノックも無しに開かれた。姉だ。
「おっす、アイス買ってある…… どしたん?」”

ChatGPT:
赤羽一边躺着一边无精打采地伸手去找手机,突然手机不停地响了起来。她惊讶地抬起头,坐起身来,赶快看了一下手机通知。屏幕上显示出伊織给自己的投稿点赞的通知。这些被点赞的投稿都是过去的性感照片,所有照片都被一一回应,手机不停地响起来。被这出乎意料的行为惊呆了的赤羽,赶快关闭了伊織给自己的点赞通知,然后去看她的账号页面。

越来越多的点赞通知出现在赤羽的投稿中。这本是赤羽一直希望发生的事情,但是她一点也不高兴。她明白,这是伊織为了讨好自己而做出的行为。尽管如此,她对伊織并没有不满。

相反,赤羽感到自己内心充满了罪恶感和自我厌恶。赤羽用矛盾的情绪和表情看着手机屏幕,然后把手机扔在床上,双膝抱在胸前,陷入了沉思。突然间,她的姐姐打开了门走了进来:“嗨,我买了冰淇淋......怎么了?”
喵喵喵没有标题呢 昵称: 喵喵喵没有名称呢 [23/05/04(四)03:27 ID:JvEatgIE] No.348  
You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“風呂上がりの姉が棒アイスを片手に顔を覗かせたかと思うと、ベッドの上で膝を抱える赤羽を見て心配そうに眉を顰めた。赤羽は憂鬱な表情を返す。
「反省してる」

「なに、先生に怒られた?」

「友達に気を遣わせた」
 いつもの明るさなどどこへ行ったのか、ぼそぼそと受け応える赤羽を見て重症だと悟ったのか、姉は小さな笑みを浮かべて部屋に入ってくる。
 本棚から漫画を一冊引き抜くと、彼女もベッドに座る。赤羽から数十センチ離れた場所だ。
「どうした。お姉ちゃんが聞いてやる」
 膝を抱えて座り込んでいた赤羽は、しばらく無言で壁を見詰めていた。
 やがて、膝を抱えたままボスンと真横に倒れ、姉の方に頭を向けながら語り出した。
 ――吐き出せば楽になるなんて話をよく聞いていたが、それは事実だと赤羽は思った。言語化できなかった漠然とした靄は少しずつ実像を帯びていき、言葉に起こすことで自身の行動を俯瞰することができた。
 五分程度だろうか。背景も含めて要点を掻い摘んで話すと、黙って赤羽の話を聞いていた姉は、目を落としていた漫画を閉じて代わりに口を開く。”

ChatGPT:
姐姐拿着棒冰从浴室走出来,看见坐在床上抱着膝盖的赤羽,皱起眉头表示关切。赤羽面露忧郁表情回应。

“我在反省。”

“怎么了,被老师批评了吗?”

“让朋友感到不安了。”

姐姐看着赤羽沉闷的样子,意识到她可能病得很重。微笑着走进房间,从书架上拿出一本漫画坐到床上,距离赤羽有数十公分。

“怎么了?姐姐会倾听你的。”

赤羽抱着膝盖坐在那里,沉默着凝视着墙壁。

过了一会儿,她倒在床上,仍然抱着膝盖,转过头来向姐姐倾诉。

“虽然我听说过如果把话说出来会感觉好受的话,但我认为这是事实。我开始能够逐渐实现那些模糊的想法,并通过语言表达来反省自己的行为。”

大约五分钟后,赤羽简明扼要地叙述了事件的要点,包括背景。姐姐一直默默地听着,放下手中的漫画,开始代替她说话。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「安心した」
 安堵を笑みに浮かべる姉に、赤羽は倒れたまま不満そうな目を向ける。
「なんで」

「だってアンタ、友達関係で悩んだことなかったでしょ」
 言われた赤羽は、そんな訳が無いと言うべく記憶の糸を辿る。姉に言ってなかっただけで悩んだことならあるはずだと過去を振り返るが、大抵は悩むまでもなく解決するか、こちらから距離を置いて上手く接するか。悩むまで進展したのは初めてだった。
 ベッドに倒れてあらぬ方向を見詰めたまま、しばらく否定の糸口を探していたが、どうやら彼女の指摘が事実らしいことを察する。赤羽は、渋い顔で認めた。
「…… そうかも」

「アンタにもそれだけ仲の良い友達が居て、お姉ちゃん安心したよ」

「別に…… 悩むことが仲の良さじゃないでしょ」
 そうは言いつつ、赤羽も心の片隅では自覚していた。嫌なら関係を切ればいいし、大抵のことは目を背けてお終いだ。それをそう片付けられなかったのは、切りたくない関係で、目を背けたいと思えない友人だったから。



ChatGPT:
姐姐露出安心的微笑,赤羽仍然倒在地上,满意地瞪着姐姐。

“为什么?”

“你不是从来没有因为朋友关系而烦恼过吗?”

被问到这个问题,赤羽开始回忆起过去的事情,想要反驳说她从未经历过这样的事情。然而,她回顾自己的过去,发现自己曾经烦恼过,只是没有跟姐姐说。通常这种问题不会让她很烦恼,因为要么问题很快就解决了,要么她会保持距离并成功地处理这种关系。这是她第一次经历这种深度的烦恼。

她倒在床上,望着错误的方向,试图找到否定的起点。然而,她意识到姐姐的指责是事实。她黯然承认。

“……也许是吧。”

“你有这么好的朋友,姐姐很安心。”

“并不是……烦恼并不代表有好的关系。”

她这样说着,但赤羽也在心里承认这一点。如果她讨厌这个关系,就可以结束它,大多数问题都可以被避免。但是,她的朋友是一个她不想避开的人,所以这件事不能轻易解决。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“赤羽の素直でない言葉に姉は軽く笑って、それから、先刻、説明の際に赤羽が見せたスマートフォンへと視線を落とす。
「…… ま、友人がエロい投稿してるとして、それに『いいね!』が付けづらい気持ちも、その理由が言いづらい気持ちも分かる。どれだけ仲が良くたって隠し事はするし、全てを打ち明けることが素晴らしいとも思わない。そのお友達も、アンタが傷つくと思って伏せてるのかもしれないし、言いたくないことは聞かないのが正しいと思うよ」

「分かってる。…… ちゃんと、分かってるよ。明日謝る」
 気を遣わせた以上は謝罪をするべきだ。赤羽はベッドの上で無気力にゴロンと転がり、そんな珍しく弱々しい妹の姿を見た姉は、微かに笑って背中を擦る。
「アンタは多分、理由が分からないことに不満を抱いている訳じゃないと思うよ」
 違うなら何だと言うんだ。赤羽は落ち込んだ顔で姉を見た。姉は笑う。
「秘密の共有が友達の証拠と思っている節があるからね、アンタ。きっと、相手に突き放されたとでも思ったんじゃない?」
 微かに目を見張って、すぐに細め、赤羽は己の心に訊く。
 ――裏アカウントのことは、今まで家族以外に言ったことは無かった。自分から伝えた訳でないにせよ、彼女は家族以外で初めて秘密を知った相手だった。その時点で明確に彼女のことを特別な存在と認識してきた上で、共通の趣味で繋がった。”

ChatGPT:
姐姐轻笑着听着赤羽不坦率的话,然后将视线转向了赤羽先前展示的智能手机。她说道:

“虽然我可以理解即使朋友发布了色情内容,也可能会有不舒服的点赞感觉,也可以理解不想说出原因的不方便之处。无论关系多么好,人们仍然会有隐藏的事情,我也不认为公开所有事情是什么好事。也许你的朋友正在隐藏什么,因为他认为这会伤害你,我认为听到对方不想说的事情是正确的。”

“我明白了……我明白了。我会在明天道歉的。”

既然已经让她们担心了,就应该道歉。赤羽在床上无精打采地翻滚,看到这个罕见的脆弱妹妹,姐姐微笑着擦了擦她的背。

“我想你不是因为不知道原因而感到不满吧。”

如果不是这样,那么她到底在不满什么呢?赤羽低头看着姐姐,一脸沮丧。姐姐笑了起来。

“你可能认为分享秘密是证明友谊的方式,所以你可能认为自己被朋友抛弃了吧?”

赤羽惊讶地瞪大了眼睛,然后立刻又变小了。她开始自问自己的内心。

“我从来没有向家人之外的任何人透露过我的假账号。即使不是出于自己的意愿,但她是第一个知道这个秘密的人。从那时起,她一直被认为是一个特殊的人,通过共同的兴趣联系在一起。”


You:
赤羽の隠し事を、伊織は知っている。
 それなのに、伊織は隠し事をこちらに教えてくれない。
 それが抱いている感情の一方通行を示唆しているように感じてしまったのかもしれない。不満と一緒に感じた寂寥感の正体を、赤羽はそこに見た。
「…… かもしれない」

ChatGPT:
伊織知道赤羽的秘密。

但是,伊織却没有告诉赤羽自己的秘密。

这可能暗示着她们之间的情感是单向的。赤羽感到不满和孤独,似乎在那里看到了这种情感的本质。

“……可能吧。”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“翌日、十二月二十四日。二学期最後の一日は終業式と大掃除で終わる。
 長い校長の話を聞き終えて退屈な終業式を終えた後、美化委員会主導で学校の大掃除が始まる。赤羽は教室を、伊織は2-Bに依頼された区域の清掃を、各クラスの生徒を率いて済ませた。十一時を過ぎる頃には大掃除も一区切りが付き、一般生徒は帰宅する。
 それまで、赤羽と伊織は一言も言葉を交わしていなかった。
 何度か目は合うが、改まって会話するような時間が無かったのだ。
 しかし、一般生徒の帰宅後に美化委員会は掃除で出たゴミを処理する役割があり、赤羽と伊織はそこで一度解散をする運びとなった。
 ゴミ袋をゴミ捨て場に運び終える頃には、時刻は十二時を過ぎていた。
 仕事を終えた赤羽は、早く伊織に謝罪をしなければと息を切らして彼女を探す。一先ず荷物だけ回収してしまおうとゴミ捨て場から教室へ戻ると、そこに彼女は居た。
 誰も居ない昼下がりの教室。伊織は自身の机でスマートフォンを触っていた。
 こちらに気を遣って帰ってしまった可能性も考慮していた赤羽は、安堵にため息をこぼす。
 走って戻ってきた赤羽を視認した伊織は、慌ててワイヤレスイヤホンを外して立ちあがろうとして、赤羽はそれを手で制する。彼女の席に歩み寄った。”

ChatGPT:
翌日,即十二月二十四日,是第二学期的最后一天,学校的结业式和大扫除活动都在这一天结束。

在听完漫长的校长讲话后,结束了乏味的结业式,美化委员会开始带领大家进行学校的大扫除。赤羽负责教室的清理,伊織负责2-B班区域的清理,每个班级的学生都带领着进行清理。到了十一点左右,大扫除也告一段落,学生们陆续回家。

在这之前,赤羽和伊織并没有交流过一句话。虽然他们偶尔眼神相遇,但并没有时间进行正式的交谈。

然而,在一般学生回家后,美化委员会需要负责处理清理出来的垃圾。赤羽和伊織在这里解散了一次。

当他们把垃圾袋运到垃圾桶后,已经过了十二点钟。

结束工作后,赤羽急忙去寻找伊織并向她道歉。他先去教室取回行李,但却发现伊織正在自己的桌子上玩手机。

赤羽曾考虑过可能会因为自己太晚回来而让伊織离开,所以当看到她在那里时,他松了一口气。

伊織看到走过来的赤羽,急忙取下了无线耳机,站起来。但赤羽用手制止了她,并走到了她的座位旁边。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「……お疲れ様。帰ってなかったんだね、よかった」

「う、うん! 赤羽さんも、お疲れ様」
 伊織はおどおどとした様子で赤羽を労い、二の句を告げようとして押し黙る。
 数秒、二人は見詰め合ったまま沈黙した。教室を静寂が包む。
 空いた窓の奥から生徒たちの騒ぎ声が聞こえ、それに静けさが破れたのを合図に、赤羽は微かに息を吸う。意を決し、伊織に深く頭を下げて謝罪した。
「あの、昨日は――」

「赤羽さんにお話が――」
 喋り出しが被り、お互いに面食らったように顔を上げる。
 見れば、伊織も腰を折って何やら謝罪らしきことをしていた。
 「あ」「えと」と二人で視線を合わせながらタイミングを図る。彼女の瞳を見れば、どことなく赤羽に先を譲るような気配を感じた。微かに頷くと、伊織も頷き返した。
「昨日は――」

「赤羽さんに――」
 再び重なった。思わずお互いに口を噤み、形容しがたい表情で顔を見合わせた。
 先ほどの顔は明らかに先を譲る者のそれだったような気がしたのだが、と思っていれば、彼女も似たようなことを考えていそうだった。しばらく無言で顔を突き合わせた後、赤羽は懸命に笑いをこらえながら弱く吹き出し、伊織はにやけ顔を誤魔化すように唇を噛んだ。



ChatGPT:
「……辛苦了。没回家啊,真是太好了。」

「嗯,嗯!赤羽先生,也辛苦了。」

伊織有些紧张地安慰着赤羽,欲言又止。

几秒钟,两人凝视着对方,教室里弥漫着静谧的气氛。

从空着的窗户里传来学生们的嘈杂声,静谧被打破,赤羽微微吸了一口气,下定决心,向伊織深深地低头道歉。

「那个,昨天……」

「赤羽先生有话要说……」

他们的话同时说出,彼此惊讶地抬起头。

看着伊織,她也像是在道歉什么。

两人凝视着,默契地等待时机。看着她的眼神,赤羽感受到了伊織在暗示他先说。他微微点头,伊織也点头回应。

「昨天……」

「赤羽先生……」

又重叠了起来。不自觉地沉默着,两人难以形容的表情相视而笑。

刚才的表情明显是让位的一方的表情,但随着思考,伊織也似乎想到了类似的事情。他们沉默了一会儿,然后赤羽竭力忍住笑意,伊織则用咬住嘴唇的方式掩饰着微笑。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“笑いを押し殺すのに数秒、お互いが要する。その後、赤羽は手を上げた。
「私から失礼します!」

「は、はい! どうぞ!」
 選手宣誓のように手を上げて言えば、伊織は今度こそ頷いてそれを認めた。
 赤羽は脳に酸素を回すように息を吸う。出鼻を挫かれ、空気が弛緩して。有耶無耶にしたくなってしまったが、けじめは付けるべきだ。そう、彼女に頭を下げた。
「……昨日、ごめんなさい。勝手に不機嫌になって困らせた」
 腰を折って頭を下げ、五秒。胸の中で数えてから赤羽は顔を上げる。
 普段であれば反射的に謝罪を拒む伊織は、今日ばかりは熟考を挟んで応じる。数秒、黙して思案した彼女は、丁寧に言葉を選んで頭を下げた。
「ううん、あれは……何も答えなかった私が悪いよ。だから、私こそごめんなさい」

「そんなことは無いよ。私だって、もし今、伊織さんにパンツの色を聞かれても答えないもん。誰だって言いたくないことはあるし、私が……おかしい」
 強い言葉で己を否定すると、伊織が素早く赤羽の両手を両手で包むように握る。
 瞠目する赤羽に、伊織は必死な表情で訴えかけた。
「おかしく、ないよ。ファンを自称して近づいてるくせに、その……応援する内容を選別してるなら、気になるのは当然だと思う」”

ChatGPT:
数秒钟的忍笑后,两人都明白了对方的意思。然后,赤羽举起手来。

「我先失陪了!」

「啊,好的!请!」

就像选手宣誓一样,赤羽举起手来说完后,伊織这次点了点头认可。

赤羽深呼吸让自己的头脑恢复清醒。他感到有点不知所措,想要摆脱这种感觉。但是,他知道自己必须要交待清楚。于是,他向伊織鞠了一躬。

「……昨天真的很抱歉。我自己乱想了一些事情,把你弄糊涂了。」

然后,他弯腰鞠躬,保持五秒。之后他抬起头。

通常情况下,伊織会拒绝反射性的道歉,但今天她却认真考虑之后同意了。她默默地思考了几秒钟,然后谨慎地选择了词语,低下了头。

「不,那是……我没有回答,是我的错。所以,我才应该道歉。」

「不,那不是你的错。我也是,就算现在伊織女士问我内裤的颜色,我也不会回答。谁都有不想回答的事情,我……真的很奇怪。」

赤羽以坚定的语气否定自己,伊織则迅速地用双手紧紧地握住了他的双手。

看着赤羽惊讶的表情,伊織用绝望的眼神向他求助。

「你没事的,真的。虽然自称为粉丝,但选择要支持的内容并没有错。如果你担心的话,这是很正常的。」


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“自身の手を包み込む伊織の手が柔らかく温かく、赤羽は静かにそこへ視線を落とす。
 しばらく見つめていると、自分の行動を再認識したように伊織は「わ”」と濁った声を上げ、頬を染めながら慌てて手を剥がそうとする。
 しかし、赤羽は離れていく彼女の両手をそれぞれの手で掴むと、それぞれ握る。半ば反射的な行動だった。心まで温めるような感情が惜しかったのだ。甘い電機が走ったようにピクリと彼女の手が動き、伊織は赤い顔で目を丸くして赤羽を見る。
 赤羽は彼女の両手を握ったまま、微かに顔を俯かせて詫びる。
「言い訳をするつもりは、無いんだけど……」
 赤羽はそう前置きをして切り出す。段々と自分の顔が熱くなっていくのを知覚した。
「生まれて此の方、ちゃんとした友達を作ったことが無かったんだ」
 驚いたように伊織の目が丸くなる。意外だろう。いつも輪の中にいる人間だった。
「昔から承認欲求が強くて、色々な人に褒めてもらわないと気が済まなかったから、交友関係が広い分だけ深い付き合いは無かった。それでも満足できなかったから裏垢も作ったけど、投稿内容があんなだから、誰にも言ったことも無いの」”

ChatGPT:
伊織的手温暖柔软地包裹住了赤羽的手,赤羽静静地凝视着这里。看了一会儿,伊織意识到自己的行为,突然发出了一声含糊的“哇”声,脸颊涨红,急忙试图把手抽出来。

然而,赤羽紧握着她的双手,不放手。这是一种半反射性的行为。这种温暖的感觉让她感到非常珍贵。她的手微微颤抖着,伊織瞪大了眼睛,惊讶地看着赤羽。

赤羽紧握着她的手,微微低下头表示歉意。

“我没有想要找借口......”赤羽这样开口。她渐渐感觉自己的脸越来越热。

“我从出生到现在,一直没有交过真正的朋友。”

伊織惊讶地瞪大了眼睛。这很出乎意料。她一直是处于圈子中的人。

“我从前就有很强的认可欲,如果不得到不同的人的夸奖,就会感到不满足。交友范围虽广,但深交的关系并不多。因为即使这样我还是感到不满足,所以我也开了一个秘密帐户,但那里发布的内容也如此之糟糕,所以我从未向任何人透露过。”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“顔が熱くて仕方が無くて、どうして掃除をするのに換気をしないのかと掃除当番に愚痴を言いたかったが、見れば窓は全開で風も吹きこんできている。冬の風に負けない熱が心にあった。そんな赤羽の意外な顔を、伊織は呆然と見つめていた。
「伊織さんは趣味が合って、秘密を共有できる初めての友達だったんだ。初めて深い部分で繋がれる友達だったから――ちゃんとした友達は隠し事なんてしないんだって勝手に思い込んでた。それなのに秘密を教えてくれなくて、友達と思ってるのは私だけなんじゃないかって不安になって、八つ当たりしたの。だから、ごめんなさい」
 改めて謝罪の言葉を紡ぐと、伊織は微かな動揺を瞳に示す。揺れた瞳を、しかし一回の瞬きの後に真っ直ぐと赤羽に向けると、伊織は赤羽の手を握り返す。
「わ……私は」
 震える声だった。
「この関係は友人じゃなくて、一方的な憧れだと思ってたんだ」
 指先に痺れるような感覚を覚え、赤羽は微かに目を見張る。脳髄を殴りつけられたような衝撃を覚えて眩暈を感じる中、そんな赤羽の意識を繋ぎ止めるようにきゅっと手を強く握ってきた。心を抱き締めるような熱と、柔らかく滑らかな肌、皮膚を越えた向こう側に彼女の心臓が送りだした血液を感じる。鼓動が早く、強かった。意識が手に集う。”

ChatGPT:
顔颊热辣辣地发烫,赤羽想为为何在打扫时不换气而抱怨,却看到窗户全开,冬日的寒风顶不过内心炙热的情感。伊織是她能够分享兴趣和秘密的第一个朋友,也是她初次和人深度连接的朋友。赤羽自以为真正的朋友不会有任何秘密可言,却没想到伊織不肯透露秘密,让她感到不安和沮丧,因此失去了控制。现在,她向伊織道歉。伊織微微动容,但随后直视赤羽的眼睛,握住她的手。她说,这之前她认为两人之间的关系只是单方面的崇拜,而不是朋友。赤羽感到手指麻痹,但还是紧紧握住了伊織的手,感受到了她的热度和柔软的皮肤,以及她心脏传递出来的热血和强烈的心跳。她的意识渐渐聚焦在这只手上。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「ずっと憧れていて目指していた凄い人が、私なんかに特別な感情を持ってくれる訳が無いって思っていたから……赤羽さんが私に話し掛けてくれるのは、偶然趣味が合って秘密を知って、その上で赤羽さんが優しいからに過ぎないって言い聞かせてたよ」
 まるで先日、赤羽が腹を立てたJ男のようなことを言うものだから、思わず言い返したくなるも、周囲から見たらそう見えて当然の行動だったと悟る。明確に言語化した訳でも、言葉で伝えた訳でもないのだ。それでも、身勝手に理解してくれると思っていた。
「そんなの……」
 半ば脊髄反射で食い下がる。伊織は情けなく笑った。
「……分からないよ。私だって、友達居なかったから」
 ――赤羽が中身のない言葉で誰かにチヤホヤされている間、彼女はずっと一人だった。教室の後ろの席で、スマートフォンで動画を鑑賞しながら一人の時間を過ごしていた。存在は知っていたが全く別の世界を生きる者同士として認識していた。
 赤羽は秘密を共有し、踏み込んだ言葉を交わしたから友達だと思い込んだ。
 伊織は自分の中で完結しない関係が、果たしてどこから始まるのか知らなかった。”

ChatGPT:
“一直以来,我一直觉得我憧憬并追求的优秀人物,不可能对像我这样的人有特殊的感情......所以,即使赤羽先生和我交谈,只是因为我们的兴趣相同,我们分享了一些秘密,以及赤羽先生的温柔,我一直告诉自己这只是偶然而已。”听到这句话,我几乎想要像赤羽之前对待J男一样地反击,但是我意识到这样做在旁人看来也许只是无谓的行为。这些感受并没有被明确地表达出来,没有用言语传达,但是我一直认为她们能够被别人自私地理解。

“我也是一样啊......因为没有朋友。”当赤羽受到别人的关注和赞扬的时候,伊織一直都是孤独的。她独自一人坐在教室后面的座位上,看着手机上的视频度过时间。虽然她知道赤羽的存在,但她认为他们是生活在不同世界的人。只是因为赤羽和她分享了一些秘密,说了一些踏入私人领域的话,她就觉得他们是朋友了。伊織不知道这种无法被满足的关系是从哪里开始的。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“『いつの間にか』と誰かは時期を説き、『気の合う仲間』と誰かは線引きを語る。しかし、どこからが友情で、何をすれば友達になれるのかを対極的な両者は知らなかった。
 伊織は、畏怖を殺すように唇を甘く噛み、上目に赤羽を見た。
「だから、教えてほしいんだ。私のこと、どう思ってるの?」
 ――それは君の一方的な感情だよ。
 そう告げて赤羽の友愛を切り捨てることだって出来たはずの伊織は、この関係を明確な言葉にするべく尋ねてきた。同情か、それとも彼女もこの関係を大事に思ってくれているのかは分からなかったが――震える指先と緊張の面持ちは何より雄弁な答えだった。
 喉が渇く。顔と心が熱かった。感情の熱砂に熱中症になってしまうような気がした。
 友情は惰性だと思っていた。関係や信頼の延長線上に無意識に踏み込むものだと思っていた。本来なら恐らくそういうものなのだろうが、両極端な意味で人付き合いが苦手な二人にとって、認識の擦り合わせはこの上なく大事なものだった。
 赤羽は、火が出そうなくらい熱い顔で伊織を見詰めた。
「友達だと思ってる」



ChatGPT:
「在不经意间」有些人讲论着时间,有些人划定了“志同道合的伙伴”的范围。然而,这两者究竟从哪里开始算是友情,怎么做才能成为朋友,两者在极端的对立面上都不知道。

伊織甜蜜地咬着唇,眼神上扬看向赤羽,克制住了惊恐。

「所以,我想知道。你是怎么看我的?」

她问这个问题是为了让他们的关系变得更明确。虽然不知道这是出于同情还是因为她也珍视这段关系,但是她颤抖的手指和紧张的神情,比任何话语都更加说明了答案。

喉咙有些干燥,脸和心也变得炙热。这种情感的热砂让她感到有些中暑。

伊織一直以为友情只是一种惯性,是关系和信任的自然延伸。虽然这本应是理所当然的,但对于两个交际不擅长的人来说,理解彼此是多么重要。

赤羽用炽热的表情看着伊織。

「我认为我们是朋友。」


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“伊織は一瞬、この上なく嬉しそうに頬を綻ばせた後、懸命にそれを引き締める。
 強く赤羽の手を握り締め、震える声で応じた。
「それなら私も、胸を張るね」
 彼女は一度、深呼吸をする。呼気が不安定に揺れていた。
 赤羽に負けないくらい伊織の頬が火照って、彼女が微かに顔を俯かせた時は、髪の隙間から覗いた耳も真っ赤で、触れたら火傷しそうだった。顔を上げた彼女は、一生懸命に告げた。
「あ……赤羽さんは、友達だよ」
 ――嬉しかった。詳しいことはよく分からないが、ただ、嬉しかった。
 顔も知らない幾万人の『いいね!』より、目の前の臆病な少女のそんな一言の方がずっと嬉しくて、意味が分からなかった。疑問符が幾つも頭の中に浮かぶが、弾む心臓に加速した血流が全て洗い流していき、満たされた心だけが残った。
 赤羽は嬉しさの中に微かに混じった安堵を処理すべく、小さなため息をこぼす。そっと、掃除したばかりの教室の床に膝を置いて座り込む。握った両手はそれぞれ、そのまま伊織の膝の上に。今度は赤羽が伊織を上目遣いに見た。伊織は不意を突かれたように狼狽え、握る手に力を入れたり抜いたりして、それでも赤羽から視線は逸らさない。”

ChatGPT:
伊織的脸上一闪而过无比幸福的表情,接着她努力收敛自己的情绪。她紧握着赤羽的手,颤抖的声音回答道:“那我也要自豪地宣布,赤羽是我的朋友。” 她深呼吸了一口气,呼气时声音不稳。伊織的脸也开始像赤羽一样通红,当她微微低头时,从她的头发缝隙中露出的耳朵也变得通红,看起来就像是一旦触碰就会烫伤的样子。伊織抬起头来,努力地说出了这句话。 “啊...赤羽,你是我的朋友。”

这句话让她感到无比开心。虽然她不太清楚具体的情况,但只是这句话就比数万个陌生人的“赞”更让她感到幸福,甚至让她不知所措。虽然脑海中浮现出一些疑问,但加速的心跳冲走了这些疑问,只留下了一颗满足的心。赤羽微微叹了口气,带着喜悦与宽慰,轻轻地坐在刚打扫干净的教室地板上,双手分别放在伊織的膝盖上。现在轮到赤羽向伊織抬头注视。伊織感到意外,手也不停地握啊握的,但她的目光从未离开赤羽。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“赤羽は、微かな不安を滲ませた声で彼女に訊いた。
「今後も……何度か間違えるかもしれないけど、見捨てないでくれる?」
 伊織は狼狽えていた表情に微かな驚きを見せ、それからすぐに笑う。
「そこはお互い様だと思う。私も……隠し事とかしちゃうから」
 なるほど、と納得すると同時に、赤羽は自身に不満や不安が無いことを知覚する。どれだけ親しくても隠し事くらいはする。それの数で関係や感情は変わらないだろう。「うん」と赤羽が頷くと、伊織は嬉しそうに口元を緩めた。
 それから十分ほど、二人は誰も居ない放課後の教室で、静かに手と心を繋ぎ続けた。”

ChatGPT:
赤羽微微透出不安的声音向她询问,“今后,即使有时候犯错了,你也不会离开我,对吧?”

伊織面露狼狈的表情,随即展露微笑。

“这是互相的吧。我也会隐瞒一些事情。”

明白了她的意思,赤羽感受到了自己没有不满和担忧。关系再亲密也会有隐瞒的事情,这并不会影响感情和关系的质量。他点头表示同意,伊織则露出了欣喜的表情。

接下来,两人在放学后静静地手牵着手,坐在空无一人的教室里。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“先刻に投稿した有名カフェチェーン店の新作ドリンクの写真は、普段よりはやや少なめなものの、数千件近い『いいね!』が付いていた。
 夜のリビング。両親の帰宅が遅いのをいいことに風呂上がりの半裸でソファに寝転んだ赤羽は、スマートフォンを手に頬を緩める。
 フォロワーは十万前後。数年前から始めたこのアカウントも随分と人が増えたものだと噛み締めながら、赤羽はスマートフォンを操作してアカウントを切り替える。
 次いで画面に表示されたのは、先刻に作成した『あかばね』という別アカウントだ。
 フォローもフォロワーも一名。繋がっているアカウントは『いおりん』という名のアカウントのみ――そう、伊織だ。裏アカウントしか所持していなかった赤羽は、彼女の勧めで個人的な交流をできるアカウントを作成することにしたのだ。
 開設から数時間。これから近しい趣味のフォロワーなども増えていくのだろうと思いつつ、今だけは伊織と二人きりの時間を噛み締めたかった。伊織のアカウントをしばらく眺めていた赤羽は、ふと数十分前に何やら投稿があることに気付き、スクロールする。
 見れば、画像なんて高尚なモノは無い簡素な一文だった。”

ChatGPT:
暫時前發佈的一家知名咖啡連鎖店的新飲料照片,雖然比平常少了一些,但已獲得了數千個「讚」。夜晚的客廳裡,赤羽利用父母晚歸的機會,穿著半裸的衣服躺在沙發上,拿著手機瀏覽社交媒體。她的追隨者有十萬左右,這個帳號已經有好幾年了,人數也增加了不少。赤羽轉換了帳號,接著出現的是她剛剛創建的另一個名為「あかばね」的帳號。她只有一個追隨者和一個被追隨者,就是「いおりん」這個名字的帳號,也就是伊織。赤羽之前只擁有這個隱藏帳號,因為伊織的建議,她才決定創建一個可以進行私人交流的帳號。幾個小時前開設,現在可能會有越來越多志同道合的追隨者,但現在赤羽想享受和伊織獨處的時光。赤羽瀏覽著伊織的帳號,忽然發現了數十分鐘前有一條貼文,只有簡短的文字沒有圖片。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一段话是“『友達ができた!』。ただ、それだけの投稿。
 公式アカウント以外のフォロワーなんて居ない彼女の、きっと赤羽以外には誰も見ていないだろう投稿。だが、その言葉に誰よりも喜ぶのは、他でもない赤羽だった。赤羽は微かに頬を紅潮させて笑みを浮かべ、堂々と彼女の投稿に『いいね!』を押す。心臓の音が聞こえるような気がして、血流が早くなった感覚を覚えた。
 赤羽は言い得ぬ感覚に悶えるように、「わー!」とソファの上でバタバタと足を動かす。胸の奥が締め付けられるような気がした。彼女にはこの通知が届いているのだろうか。見てくれているのだろうか、そんなことばかり考える。
 そんな時だった。バタン、と玄関の扉が開閉する音が聞こえ、赤羽は肩を跳ねる。
 数秒後、リビングのドアを開けたのは姉だった。
「ただいまー。悪い、バイトが長引いた……なにその恰好? 裏垢? 風邪引くよ」

「おっ、お帰りなさい。これはお風呂上がりで暑かったから」
 赤羽は頬の火照りを誤魔化すように、身を起こしながらそう答える。姉は軽く聞き流しながら「弁当買ってきた」と、二人前の弁当が入った袋をテーブルに置く。「ありがとー」と、赤羽は折り畳んだままの着替えに手を伸ばした。
 赤羽がシャツを被る最中、姉は疲れを押し出すべくため息と共に椅子に座し、蓋付きの缶コーヒーを呷る。喫茶店のバイトというのも大変なのだろう。彼女はひと息付いた後、服を着る赤羽の方に視線を投げた。”

ChatGPT:
“有了朋友!”只是这样简单的一个发帖。她没有除了赤羽以外的非官方账户的追随者,这个帖子可能没有人看到。但是,赤羽比任何人都更高兴。她微微红着脸笑了,毫不犹豫地点了赞。她听到了自己心脏的跳动声,感受到血液的流动速度加快了。

赤羽无法形容的感觉让她在沙发上拍打脚,感觉胸中的压迫感。她想知道伊织是否收到了通知,是否看到了自己的点赞。

正在这时,玄关传来了开门声,赤羽的肩膀抖动了一下。

几秒钟后,打开客厅门的是她的姐姐。

“我回来了。不好意思,工作有点忙……这是怎么回事?是私人账户吗?你会感冒的。”

“哦,你回来啦。因为出了浴室,感觉很热。”

赤羽这样回答,试图掩饰她脸上的红晕。姐姐一边轻描淡写地听着,一边放下一个装有两人份盒饭的袋子:“谢谢。”赤羽伸手去拿整理好的衣服。

穿衣服的时候,姐姐带着叹息和疲惫坐在椅子上,喝着带盖子的罐装咖啡。咖啡店的打工也很辛苦。她休息了一会儿,然后把目光投向穿衣服的赤羽。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「それで、お友達とは仲直りできた?」
 質問に、赤羽は伊織の顔を思い出す。愚問であり、赤羽は不敵な笑みを返す。
「どっちだと思う?」

「あー、もう分かったから言わなくていい。アンタはほんと、顔に出やすいよ」
 赤羽の態度が何よりの返答だとばかりに、姉は頬杖を突きながら、安堵しつつ笑みを浮かべた。そんなに分かりやすいだろうか、と赤羽は自身の頬に手を伸ばしてグニグニと弄る。
 そんな折、姉は知ったような笑みを浮かべて呟き尋ねてきた。
「いい友達なんでしょ? 大切にしなよ」
 シャツに袖を通した赤羽は、一瞬動きを止める。素直に肯定するのも少しだけ恥ずかしかったが、蔑ろにする気など毛頭も無かったから、照れながらも頷いた。
「うん――」
 と、頷こうとしたその時だった。”

ChatGPT:
「你们和好了吗?」赤羽想起了伊織的脸,认为这是一个愚蠢的问题,因此她回以嘲讽的微笑。

「你觉得呢?」

「啊,我已经明白了,不必说了。你真的很容易看出来,」姐姐突出了赤羽的态度,微笑着,一边松了口气,一边突出了自己的想法。赤羽感到自己是否真的那么容易看出来,并伸出手在自己的脸上摸了摸。

就在这时,姐姐微笑着似乎知道了什么,问道:

「她是个好朋友吧?好好珍惜吧。」

穿上衬衫的赤羽停了一下,有点害羞地点了点头,虽然直言肯定让她有些不好意思,但她从未想过不重视伊織。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“ソファの上に置いてあった赤羽のスマートフォンがバイブレーションを鳴らした。思わずスマートフォンの画面を見ると、そこには着信を示す受話器が表示されている。そして、その受話器アイコンの直上、発信者の欄には先刻連絡先を交わした伊織の名前があった。
 思わずスマートフォンに飛びついた赤羽は、露骨に狼狽えながらスマートフォン取り、「ごめん、電話!」と姉に断った後、部屋着のショートパンツを履く間もなく自室へと駆けこむ。弾んだ呼吸を整える間もなく、赤羽は電話に応じた。
「も、もしもし! ごめん、取るのが遅くなって」
 胸に手を当てながら詫びると、通話越しに伊織の緊張した声が聞こえた。
『あ、い、いや、私こそ急にかけてごめんなさい! その……今、大丈夫?』

「うん。大丈夫だよ」
 赤羽は心を落ち着かせながらそう応え、そっとベッドに腰を置く。
 数秒、沈黙の間が二人の間に流れる。やがて、発信者の伊織が口火を切る。
『あの、今日の投稿……カフェの写真、凄く綺麗だったよ』

「あ、見てくれたんだ! ありがとう」
 わざわざそんなことを伝えようとしてくれたのか。そう思った赤羽は、メッセージアプリでいいのにと思いつつ、彼女の声が直接聞けたことが嬉しくて、寧ろ今後もそうしてほしかった。そんなことを思っていると、どうやら本題は違ったようだ。”

ChatGPT:
纠正:ソファーの上に置かれていた赤羽のスマートフォンがバイブレーションを鳴らした。思わずスマートフォンの画面を見ると、そこには着信を示す受話器が表示されている。そして、その受話器アイコンの直上、発信者の欄には先刻連絡先を交わした伊織の名前があった。

改进:赤羽のスマートフォンがソファの上に置かれていたところ、突然バイブレーションが鳴り響きました。思わず画面を見ると、受話器のアイコンが表示され、伊織からの着信を示していました。そして、そのアイコンのすぐ上に、先ほど連絡先を交換した伊織の名前が表示されていました。

You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。不要写任何解释。我的第一句话是“ソファの上に置いてあった赤羽のスマートフォンがバイブレーションを鳴らした。思わずスマートフォンの画面を見ると、そこには着信を示す受話器が表示されている。そして、その受話器アイコンの直上、発信者の欄には先刻連絡先を交わした伊織の名前があった。
 思わずスマートフォンに飛びついた赤羽は、露骨に狼狽えながらスマートフォン取り、「ごめん、電話!」と姉に断った後、部屋着のショートパンツを履く間もなく自室へと駆けこむ。弾んだ呼吸を整える間もなく、赤羽は電話に応じた。
「も、もしもし! ごめん、取るのが遅くなって」
 胸に手を当てながら詫びると、通話越しに伊織の緊張した声が聞こえた。
『あ、い、いや、私こそ急にかけてごめんなさい! その……今、大丈夫?』

「うん。大丈夫だよ」
 赤羽は心を落ち着かせながらそう応え、そっとベッドに腰を置く。
 数秒、沈黙の間が二人の間に流れる。やがて、発信者の伊織が口火を切る。
『あの、今日の投稿……カフェの写真、凄く綺麗だったよ』

「あ、見てくれたんだ! ありがとう」
 わざわざそんなことを伝えようとしてくれたのか。そう思った赤羽は、メッセージアプリでいいのにと思いつつ、彼女の声が直接聞けたことが嬉しくて、寧ろ今後もそうしてほしかった。そんなことを思っていると、どうやら本題は違ったようだ。”

ChatGPT:
在沙发上放着的赤羽的智能手机突然震动起来。他下意识地看了一眼手机屏幕,发现有一个来电的接听器标志。接听器标志正上方的拨打者一栏显示着伊织,他们刚刚交换过联系方式。

赤羽猛地扑向手机,明显有些慌张地接起电话,委婉地对姐姐说“对不起,我接个电话!”之后,他赶忙穿上室内短裤冲回自己的房间。他没有等到自己喘过气,就接起了电话。

“喂,喂!抱歉,接得有点晚。”

他道歉时捂住胸口,透过电话听到了紧张的伊织的声音。

“啊,不,不,是我突然打扰你了!那个……你现在没事吧?”

“嗯,我没事。”

赤羽回答道,试图让自己平静下来,轻轻坐在床边。

两人之间沉默了几秒钟。最终,伊织打破了僵局。

“那个,今天的文章……咖啡店的照片非常漂亮。”

“哦,你看到了!谢谢。”

他想知道为什么她要这么麻烦地打电话告诉他这个消息,毕竟用短信应用程序也可以。但他很高兴能直接听到她的声音,甚至希望将来也能这样。就在他想着这些的时候,似乎谈话的重点却转了。


You:
『それで、その、写真……もしかして今後は……えっちなの、投稿しないのかなって』
 思いがけぬ質問に、赤羽は微かに目を見開く。疑問符が浮かぶ。彼女の質問の本意が掴めず、数秒沈黙して小首を傾げた赤羽は、取り敢えず質問に対して率直に答えた。
「うーん、その辺はけっこう気まぐれかも。なんか人に褒めてもらいたいなって思ったら、やっぱりエロ系の方がウケが良いから出すかもだけど……やっぱ、嫌い?」
 顔も知らない数万人より、彼女だ。もしも伊織がどうしても苦手と言うなら投稿を控えようかとも思ったが、どうやらそういうことでもないらしい。伊織は露骨な安堵を声色に乗せつつ、言葉尻を一生懸命否定する。
『あ、ううん! そうじゃないんだ。そうじゃなくて、その……私のせいで赤羽さんの活動に支障が出るようだったら嫌だから、もしそうなら、ちゃんと理由を言おうかなって。あれからしばらく考えて、そう思ったんだ』
 そう聞いた赤羽は、思わず大きく目を見開く。――彼女が赤羽の性的な投稿に『いいね!』を付けたがらない理由。聞きたくはあったが、先日までと違い、今は無理に知ろうとも思わない。赤羽は少し悩みつつも彼女の意思を尊重する。

ChatGPT:
“那么,那个……这个照片,将来会不会投稿一些,你知道的,色情的内容呢?”

这个出乎意料的问题让赤羽微微睁大了眼睛,感到困惑。他无法理解她的问题的真正含义,沉默了几秒钟后,他直率地回答了问题。

“嗯,这个可能很随性。如果我想得到别人的赞美,可能会发布一些色情内容,因为它们往往更受欢迎……你不喜欢吗?”

她是他不认识的数万个人中唯一的熟人。如果伊织真的讨厌这些内容,他会考虑停止发布。但很明显她并不是这个意思。伊织明显放心下来,同时努力否认自己的话。

“啊,不,不是这样的。不是因为那个……如果我让赤羽的活动受到影响,我就会很不愉快。所以如果那样的话,我会给你一个理由的。我在考虑了一段时间之后,想到了这个。”

赤羽听到这些话,不由得睁大了眼睛。她为什么不想给他的性感投稿点赞呢?虽然他很想问问,但他现在并不想刻意追问。他略微思考了一下,尊重她的意愿。


You:
「聞きたいけど、聞かなくても活動に影響は無いし、隠したいことは無理に聞かないよ?」

『隠したい……訳じゃないんだけど、赤羽さんが不快に思うかもしれないから遠慮してたんだ。だから、できることなら言いたくないなって……でも、杞憂ならよかった。ごめんね、急に電話をかけちゃって。それだけなんだ』
 赤羽が遠慮をするや否や、彼女は安心したように通話を切り上げようとする。
 少し寂しいと思う気持ちもあったが、何より気になったのは『不快に思うかもしれないから遠慮していた』という部分だ。なるほど、つまりそれが事実だとすれば、赤羽が無理に聞き出そうとしても彼女が特別に困るということは無いわけである。
 一瞬、思案した赤羽は微かな笑みを浮かべて話を繋ぐ。
「もしかして、急いで電話切ろうとしてる? 掘り下げられない内に、って」

『い、いや、そういう訳じゃ……!』
 図星だったようで、声が微かに上擦っていた。
「ところで……さっきの、伊織さんが困る訳じゃないんだよね? 私が不快に思うかもってだけの理由なら、ぜひ聞きたいなあ。大丈夫、伊織さんのことで不快に思うことは無いよ」
 きっと、彼女は藪蛇だと己の行動を後悔していることだろう。唸るような苦悩の声が通話越しに聞こえて、赤羽は楽しくなりながら誘惑の声を出す。
「本当に駄目だとか嫌だとか思うなら断ってほしいけど、そうでないなら気にしないでよ。身体が気持ち悪いとかそれくらいまでなら全然、許容範囲内だよ」

『そ、そんなこと……! 言わないよ。そんな酷いこと』
 伊織は怒ったような声で猛然と否定した。安堵しつつ、嬉しさに笑みをこぼす。
「それより軽いことなら全然大丈夫。だから、教えてくれるなら聞きたいな」
 無理には聞かないが、本当に赤羽側を案じての理由なら、嬉しくは思うものの心配しないで欲しいとも思っている。裏垢なんてものをやっていると、心の底から気持ち悪いと思うようなメッセージも届くのである。それと比較すれば、彼女のどんな言葉も砂漠の甘露だ。

ChatGPT:
“我虽然很想知道,但如果这会影响到你的活动,或者你不想说出来,我不会追问的。”

“不是因为我想隐瞒……只是因为我担心赤羽会感到不快,所以才一直犹豫不决。如果可以的话,我不想说出来……但如果只是我的杞人忧天,那就太好了。不好意思,突然打电话给你,只是想说这些。”

听到赤羽的退缩,她似乎安心了下来,准备挂断电话。

虽然他有些失落,但更让他在意的是她说“因为我担心赤羽会感到不快”。如果这是真的,那么即使赤羽再怎么追问,她也不会特别困扰。

赤羽犹豫了一下,微笑着接着说道:“你现在想挂电话吗?因为我觉得我们还没深入探讨。”

“不,不是这个意思……”

她的声音有点上扬,好像被赤羽的话戳到了她心中的某个隐秘之处。

“顺便问一下……你说的担心我不快的理由,是不是只是因为你自己会感到不舒服呢?如果是这样的话,我真的很想知道。我不会为了你的话感到不快,放心吧。”

她一定很后悔自己的想法变成了这样。赤羽听到她在电话那头苦恼的声音,忍不住想逗她一下。

“如果只是小事的话,那就没关系了。所以,如果你愿意告诉我,我会很高兴听的。”

虽然他不会强迫她说出自己不想说的话,但如果她真的因为他的话而感到不安,那他也会感到难过。他经常会收到一些让人感到恶心的私信,所以即使是她觉得让人感到不快的话,对于赤羽来说也不算什么了。


You:
『あの……き、気持ち悪いって思うかもしれないよ。私のこと』
「でもさ、クラスメイトにエッチな投稿見せようとする方が、客観的に見て……まあ、この先は言葉を慎むけど。だから、心配しないでほしいな」
 客観的な物差しで測れば、友人に性的な投稿を見てもらえず不機嫌になる赤羽の方が、ずっと問題だ。そう思い、軽く笑いながら不安を拭った。
『ほ、本当に大丈夫なの? けっこう、嫌な思いするかも』

「そう念押しされると心配だけど、それが伊織さんの本心なら、言わないまま抱え込む方が友人として不健全な気がする。片方が我慢し続ける関係は嫌だよ?」

『……嫌わないで、くれるよね?』

「もちろん!」
 彼女の不安そうな声に、赤羽は力強く肯定を返した。
 それから、部屋と通話に沈黙が訪れる。少しドキドキと心臓を跳ねながら、ずっと気になっていたことの答えを待つ。待ち続けること十秒、彼女が微かに息を吸う音が聞こえた。
 一拍置いて、酷く緊張して震える声が答えを明かした。
『あ……赤羽さんの身体を、その、あまり大勢に見られたくなくて』

ChatGPT:
赤羽は彼女の答えに少し驚いたが、同時に理解も示した。彼女が恥ずかしがる理由は、彼女が赤羽に好意を抱いている可能性があると感じた。しかし、それでも彼女の言葉には純粋な感情があり、赤羽は彼女の気持ちを尊重した。

「分かったよ。伊織さんがそう思うなら、私はそれを尊重する。エッチな投稿は、伊織さんには見せないようにするから。それで良かったら、これからも友達としてよろしくね。」

赤羽は彼女の言葉に対して理解を示し、彼女の心情を尊重することを約束した。それから、二人は話を続け、楽しい時間を過ごした。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。,不要写任何解释。我的第一句话是“『あの……き、気持ち悪いって思うかもしれないよ。私のこと』
「でもさ、クラスメイトにエッチな投稿見せようとする方が、客観的に見て……まあ、この先は言葉を慎むけど。だから、心配しないでほしいな」
 客観的な物差しで測れば、友人に性的な投稿を見てもらえず不機嫌になる赤羽の方が、ずっと問題だ。そう思い、軽く笑いながら不安を拭った。
『ほ、本当に大丈夫なの? けっこう、嫌な思いするかも』

「そう念押しされると心配だけど、それが伊織さんの本心なら、言わないまま抱え込む方が友人として不健全な気がする。片方が我慢し続ける関係は嫌だよ?」

『……嫌わないで、くれるよね?』

「もちろん!」
 彼女の不安そうな声に、赤羽は力強く肯定を返した。
 それから、部屋と通話に沈黙が訪れる。少しドキドキと心臓を跳ねながら、ずっと気になっていたことの答えを待つ。待ち続けること十秒、彼女が微かに息を吸う音が聞こえた。
 一拍置いて、酷く緊張して震える声が答えを明かした。
『あ……赤羽さんの身体を、その、あまり大勢に見られたくなくて』

ChatGPT:
“那个……可能会觉得有点讨厌,是关于我这个人的。”

“但是呢,如果客观地来看,向同学们展示色情内容的人比不开心地无法得到朋友的支持的赤羽更有问题。我想让你不要担心这个问题。” 赤羽轻松地笑着,想要缓解她的担忧。

“真的没事吗?我可能会感到不舒服。” 伊织有点焦虑地问道。

“这么强烈地强调也让我感到有点担心,但是如果这是你的真实感受,那么保持沉默只会对我们的友谊不健康。我不希望在我们之间有一方一直忍耐。” 赤羽这样回答着。

“……请不要讨厌我。” 伊织紧张地说道。

“当然不会!” 赤羽的回答充满了力量。

随后,他们的通话变得沉默起来。赤羽一直在等待她的回答,有点心跳加速。等待了十秒钟,他听到了伊织微弱的呼吸声。

接着,她颤抖着的声音犹豫地回答道:

“那个……我是因为不想让太多人看到赤羽的身体。”


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“ ――言葉を失い、目を見開く。待望の答えは、赤羽が想像もしなかったものだった。
 身体を見られたくない、などと、まるで我が物顔の感情で、微かな独占欲が垣間見える。少し遅れて、彼女が不快になるかもしれないと言った理由が、そんな少し前まで顔見知り程度だった関係の彼女が、どんな感情を抱いていることに対しての不安だったのだ。
 見なくても、彼女の真っ赤な顔が思い浮かんだ。
 触れなくても、自分の顔が熱いことは分かった。
 お腹の奥が甘く疼くような気配の中、自分の感情の意味が分からなくて、赤羽の頭に疑問符が浮かんでは消え、浮かんでは消える。赤羽は下着だけを付けた下半身を押さえながら足を擦り合わせ、俯く。顔から湯気が出てしまいそうだった。自分を変態と罵りたくなるくらい彼女の独占欲が気持ちよくて、頭がおかしくなってしまいそうだった。
『少しでも投稿が伸びないようにって、あの、ささやかな抵抗を……』
 赤羽の沈黙をどう解釈したのか、伊織は焦りに舌足らずになりながらそう付け加える。「あ、ぅ」と言葉にならぬ声を上げた赤羽は、熱に覚束ない口を何度か開閉した後、「大丈夫、嬉しいよ」と濡れた声でハッキリと伝えて返した。
 彼女の言葉に対する返答としてそれが適切なのかは分からなかったが、ただ、浮かんだ言葉を精査せずに紡いで吐いた。それがどう伝わったのかは分からなかったが、きっと彼女も冷静ではないだろう。焦ったまま、逃げるように通話を終えた。”

ChatGPT:
赤羽は、待望の答えが彼が想像したものとは違うものだったことに言葉を失い、目を見開いた。彼女が自分の身体を見られたくないと言ったことから、微かな独占欲が垣間見える。彼女は顔見知り程度だった関係の人物だったが、彼女がどんな感情を抱いているかに対する不安が、彼女が不快になるかもしれないと言った理由だったのだ。赤羽は、彼女の真っ赤な顔を想像し、自分の顔が熱いことを感じた。自分の感情の意味が分からなくて、疑問符が浮かんでは消え、浮かんでは消える。彼女の独占欲が気持ちよくて、頭がおかしくなってしまいそうだった。伊織が少しでも投稿が伸びないようにと、自分をささやかな抵抗として使ってくれたことに対して、赤羽は嬉しいと伝えた。赤羽は、自分の言葉が適切だったのか分からなかったが、焦ったまま、紡いで吐いた。通話を終えた後、彼女も冷静ではないだろう。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。不要写任何解释。我的第一句话是“ ――言葉を失い、目を見開く。待望の答えは、赤羽が想像もしなかったものだった。
 身体を見られたくない、などと、まるで我が物顔の感情で、微かな独占欲が垣間見える。少し遅れて、彼女が不快になるかもしれないと言った理由が、そんな少し前まで顔見知り程度だった関係の彼女が、どんな感情を抱いていることに対しての不安だったのだ。
 見なくても、彼女の真っ赤な顔が思い浮かんだ。
 触れなくても、自分の顔が熱いことは分かった。
 お腹の奥が甘く疼くような気配の中、自分の感情の意味が分からなくて、赤羽の頭に疑問符が浮かんでは消え、浮かんでは消える。赤羽は下着だけを付けた下半身を押さえながら足を擦り合わせ、俯く。顔から湯気が出てしまいそうだった。自分を変態と罵りたくなるくらい彼女の独占欲が気持ちよくて、頭がおかしくなってしまいそうだった。
『少しでも投稿が伸びないようにって、あの、ささやかな抵抗を……』
 赤羽の沈黙をどう解釈したのか、伊織は焦りに舌足らずになりながらそう付け加える。「あ、ぅ」と言葉にならぬ声を上げた赤羽は、熱に覚束ない口を何度か開閉した後、「大丈夫、嬉しいよ」と濡れた声でハッキリと伝えて返した。
 彼女の言葉に対する返答としてそれが適切なのかは分からなかったが、ただ、浮かんだ言葉を精査せずに紡いで吐いた。それがどう伝わったのかは分からなかったが、きっと彼女も冷静ではないだろう。焦ったまま、逃げるように通話を終えた。”

ChatGPT:
──失去言语,睁大眼睛。盼望已久的答案,超出了赤羽的想象。

“不想被看到身体”,这种占有欲微弱地显露出来,彼此之间早前只是泛泛之交的关系,她对自己的感情所产生的不安是说不清的。

即便没有看到,赤羽也能想象出她脸红的模样。

即便没有碰触,他也能感受到自己脸颊发热。

在这种甜蜜而微痛的感觉中,他无法理解自己的情感,赤羽的脑海中一会儿浮现出疑问号,一会儿又消失了。他弯下腰,用手掩盖着只穿着内裤的下半身,擦着脚。他的脸发出了热气,他甚至想自骂为变态。伊織的占有欲感觉很舒服,足以让他发疯。

“只是为了让投稿不那么受欢迎,这种微不足道的反抗……”

伊織焦急地说着,赤羽的沉默让她说话开始变得支吾不清。“啊,嗯”赤羽发出了无法形容的声音,嘴唇摆弄着,几次才开口,“没关系,很高兴。”他说出了这句话,声音湿润。

他不知道这个回答是否合适,但这句话却是从他的内心涌出,没有思索地吐露出来。他并不确定这句话对她有什么影响,但伊織肯定也不会冷静。他焦虑地结束了通话,好像逃离一样。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。不要写任何解释。我的第一句话是“『じゃ、じゃあ、おやすみなさいっ!』

「あ、う、うん! おやすみ」
 赤羽が応じて一秒と経たない内に通話が切れ、ツー、と無機質な音が鳴った。
 赤羽は脱力するようにスマートフォンをベッドに落とし、熱の引かない顔に触れながら深く深呼吸を繰り返す。心臓がバクバクと煩く跳ねていた。リビングに戻る前にどうにか顔の熱を冷まさなければ、と赤羽は手で顔を仰いで瞑目する。
 訳が分からない。ただの友愛では説明のつかない感情と衝動に疑問符を浮かべつつ、少しずつ火照りの引いていく頭で必死に別の何かを考えようとする。しかし、浮かんでくるのは伊織の顔ばかりで、赤羽は己を嗜めるようにパシンと両頬を打った。
 ようやく落ち着き、立ち上がろうとした頃、赤羽はショートパンツすら履いていない自身の下半身に何か違和感を覚えて視線を落とし、下着の表面を見て「う」と呻く。
 非常に情けないような恥ずかしそうな感覚を覚えながらそそくさと下着を履き替え、そのままリビングに戻った。
 リビングでは、姉が二人分の弁当をテーブルに置いて、頬杖を突きながらテレビを眺めていた。どうやら赤羽の通話が終わるまで待ってくれていたようで、申し訳なく思いながら戻ると、こちらに気付いた姉がニヤリと笑いながら口を開く。”

ChatGPT:
「好的,晚安!」

「啊、嗯,晚安。」

赤羽回答后没过一秒钟通话就结束了,手机发出一声嘟嘟的无生命音。

赤羽无力地把手机扔到床上,用手触摸着还没退去的热度,深深地吸了几口气。她的心跳急剧地跳动着。在回到客厅之前,她必须冷却一下自己的脸,所以她双手托住脸,闭上眼睛。

她不明白自己的感情和冲动。她试图努力想到别的事情,但她头部发热,只能想起伊織的脸。赤羽狠狠地掌了一下自己的脸颊,以克制自己。

终于平静下来,她想要站起来时,发现自己下半身连短裤都没穿,感到一些不适,低头看着内裤表面,轻轻呻吟了一声。

虽然感到非常羞耻和无奈,但她还是换上了内裤,回到客厅。在客厅,姐姐已经把两个便当放在桌子上,俯身倚在手肘上看着电视。看起来她一直在等赤羽结束通话,赤羽感到有些抱歉。当她回到客厅时,姐姐笑着看着她,开口说话了。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你不要写任何解释。我的第一句话是“「随分と大慌てで電話に出たね。何? 好きな人?」

「ち、違うよ。件の友達!」
 茶化すような姉の言葉に、赤羽は半眼を向けながら言い返す。まったく、と思いつつソファに置いたままだったショートパンツを履いて、テーブルに着いた。姉が用意してくれた専門店の弁当の蓋を開け、割り箸を抜く。姉は微かに笑いながら、同様に弁当を開いた。
「なんだ。ようやく妹がそういうのに興味持ったのかと嬉しくなったのに」

「別に、そういうんじゃ……」
 割り箸を割りながら唇を尖らせた赤羽は、ふと、言葉を途中で区切る。
 不意に伊織の顔が頭を過り、心臓が跳ねて頭が真っ白になる。
 動きを止めて、何も無い空間を見詰めながら思案に暮れた。
 伊織は友達だ。共通の趣味を持っており、波長が噛み合い、本心を打ち明けられる数少ない友達。それ以上の感情は無いはずなのだが、姉の言葉のせいか、伊織と横並びに手を繋いで歩く姿や部屋で抱き締める姿を想像してしまう。忌避感は一切無かった。
 伊織を抱き締めたいし、伊織に抱き締められたかった。彼女に好きと言われたら、きっと『いいね!』を一億件貰うより嬉しいだろう。どこまでが友愛でどこからが恋愛なのか、恋愛経験の無い赤羽はまったく見当も付かなかったが、本能が告げていた。”

ChatGPT:
「你真是一下子就接了电话啊。什么事啊?是喜欢的人吗?」

「才、才不是啦。是那个朋友!」

听到姐姐调侃的话语,赤羽斜眼看着她回应。同时,他穿上放在沙发上的短裤,坐到了桌子旁。打开专门店铺准备好的便当盒,取出分割的筷子。姐姐微笑着,同样打开了便当盒。

「怎么了啊?妹妹终于对这种事情感兴趣了,我还挺高兴的呢」

「没有,没有这种事啦……」

赤羽尖着嘴唇割着筷子,忽然中途停了下来。他突然想起了伊織的脸,心脏跳动得厉害,头脑一片空白。

他停下了动作,盯着空气发呆。他在沉思,伊織只是他的朋友。他们有共同的爱好,彼此相互了解,是他能够坦诚相待的几个朋友之一。他们之间不应该有更多的感情,但是因为姐姐的话,他想象了他们手牵手走在一起的样子,或者在房间里拥抱的情景。他完全没有厌恶的感觉。

他想拥抱伊織,也想被她拥抱。如果她说喜欢他,比起一亿个“好”来,他一定更高兴。赤羽没有恋爱经验,他完全搞不清哪里是友爱,哪里是恋爱,但本能告诉他,他的感情超出了普通朋友的范畴。


You:
翻译为中文:
――たぶん、伊織が好きだ。
 顔が段々と熱くなってきて、姉が暖房の温度を上げ過ぎたのかとリモコンとエアコンを順番に見るが、そういう訳でもないようで、意味が分からず、声をこぼす。
「……あれ?」
 思わず姉を見ると、彼女は驚いたように目を丸くして赤羽を見ていた。
 数秒、言葉も無く姉妹は顔を見合わせる。まさか冗談で言った言葉がその通りだとは思ってもみなかった姉は、しばらく驚きを隠せない様子だったが――やがて、椅子の背もたれに肘を突くと、ニヤリと笑った。
「孫の顔はお姉ちゃんに任せときな?」

ChatGPT:
赤羽感到自己可能喜欢伊織。

她的脸逐渐变热,她开始怀疑姐姐是否把暖气调得太高了,于是按了遥控器查看空调,但并没有这样的原因,让她一头雾水,不禁喃喃自语。

“......哎?”

不知不觉间,她看向姐姐,却发现姐姐惊讶地看着她。

几秒钟内,姐妹俩默默地相互注视着。姐姐没有想到她说的话居然是真的,她一时之间无法掩盖自己的惊讶——但很快,她肘部撑在椅子背上,咧嘴笑了起来。

“那孙子的事就交给姐姐吧?”

You:
翻译为中文:
何でも好きって言っちゃう女の子が勘違いお嬢様と結婚してしまう話

ChatGPT:
这是一个关于一个总是说“什么都喜欢”的女孩误认为自己是大小姐并嫁给了一个大小姐的故事。


You:
翻译为中文:
第1話 『好き』が口癖な女の子

『あっ!私このキャラめっちゃ好き!』

『いいよねぇこの漫画!一番好きかも!』

『えっへへ〜♪私もみんなのこと好きだよぉ!』

『え、まじ女神じゃん…ちょう好き、結婚してほしい……』
 私の口癖は『好き』

 好きになったものや、カッコいい、カワイイと思ったものは恥ずかしがらずになんでも『好き』って伝えてしまう。

 そこに裏はなくて、ただただ純粋な『好き』が込められてるだけ。
 でも、『好き』には沢山の気持ちが込められていて、おんなじ言葉なのに意味は千差万別だ。

 だから、受け取り方次第では意味が異なってしまう事があったりする。
 この時ばかりは、自分の口癖を後悔した。

 次からは気をつけようって神に誓ったけれど、もう遅いよと神は無慈悲に私を切り捨てる。
 あの日、私が『好き』を伝えてしまったばっかりに…とんでもないコトになってしまったのだ。
「ねぇ、麗奈…これは?」
 ふるふると震えた声で、瞳に映る一枚の紙を見て私は震撼する。

 それは、ドラマやアニメでしか見たことない…高校生には無縁の紙でした……。
「もう、結稀ユウキさんったら見たら分かるでしょう?」
 呆れた声が返ってくる。

 するとすぐに、その声は踊るように弾んで、彼女はニコリと微笑んだ。
「婚姻届ですよ?あなたと、私の」

「……………あ、ははぁ」
 だ、だよね〜…。

 目の前の紙の正体を、さらりと返されて私は聞いた事を後悔する。

 いやまあ、聞いても聞かなくてもこれが事実でリアルなのは変わりはないんだけどさ。

ChatGPT:
第1话:“喜欢”成为口头禅的女孩

“啊!我好喜欢这个角色!”

“这个漫画真不错!可能是我最喜欢的!”

“嘿嘿\~♪我也喜欢大家哦!”

“哇,她是女神啊……好喜欢,想嫁给她……”

我的口头禅是“喜欢”

我会毫不羞涩地表达我喜欢的东西,我认为很酷或很可爱的东西,只要我喜欢就会说出“喜欢”。

其中没有什么暗意,只是单纯地表达出我的“喜欢”。

但是,“喜欢”里面蕴含了许多感情,尽管是相同的词语,但其含义千差万别。

因此,取决于接受方式,有时会产生不同的意义。

这时,我真的后悔我的口头禅。

我发誓要注意以后,但神殿无情地将我扔在了一边。

那一天,只是因为我表达了“喜欢”,就发生了不可思议的事情。

“嘿,玲奈,这是什么?”

我震惊地看着眼中的一张纸,声音颤抖着。

这是一张只在电视剧和动漫中才见过的、与高中生无关的纸……

“你就是那么迟钝啊,结实雪梨大姐头?”

一个不满的声音回答了我。

然后她的声音立刻欢快地跳跃着,她微笑着说:

“这是结婚证书哦?你和我一起……”

“……啊,哈哈。”

是,是吧……

我后悔自己问了这个问题。

不管我问不问,这都是真实而现实的事情。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“「どうかしましたか?結稀さん」

「え、あっと…いや、どーうしてこんなコトになったんだろうなぁーって…」

「ふふっ…忘れてしまったのですか?あの日、結稀さんが言ってくれたじゃないですか」
 遠い彼方を見つめて、嬉しそうに頬を綻ばせる。

 見ている分にはとても可愛い表情で、その可愛さに思わず『好き』と言ってしまうのをぐっと堪える。
 彼女は両手を合わせて、夢見る少女みたいに言った。
「私の事、大好きって言ってくださいました…結婚したいって言ってくれて、私…本当に嬉しかったのです」

「いや、それはその…」
 た、確かに言ったけど…それは言葉のあやで……。

 なんて言えずに、私は口を継つぐんで黙っていると、彼女は続ける。
「それに、ずっとこうなる事を私は夢見ていました…いつか結稀さんと一緒になれる日が来たらいいと、ずっと願っていました…」

「初めて会った日のこと、覚えていますか…?結稀さん」

「うん、もちろん覚えてるよ!というか忘れられないし!」
 そう、もちろん覚えている。

 初めて会った日、それは私がこの学校に転校して来た時のこと。

 まだ右も左も分からずに、クラスで最初に目に入ったのが…麗奈。天城あまじろ麗奈だった。”

ChatGPT:
“你怎么了,结实小姐?”

“嗯,那个...不知道,这样会怎么样呢...”

她望着远方,嘴角露出开心的微笑。

她的表情非常可爱,我抑制住自己想要说出“喜欢”的冲动。

她合起手来,像一个梦想中的少女一样说道:

“你说你喜欢我...你还说想和我结婚,我真的很开心。”

“嗯,那个……”

虽然我确实说过那样的话,但那只是一时的玩笑罢了......

我无法说出话来,她却继续说道。

“而且,我一直梦想着这一天会来...梦想着有一天我能和你在一起。”

“你还记得我们第一次见面的那天吗?结实小姐。”

“嗯,当然记得!而且永远都不会忘记!”

是的,我当然记得。

那是我转学到这所学校的那一天。

我还一无所知,第一个在班级里引起我的注意的人是......麗奈。天城麗奈。


You:
我想让你充当中文翻译员、拼写纠正员和改进员。我会用任何语言与你交谈,你会检测语言,翻译它并用我的文本的更正和改进版本用中文回答。我希望你用更优美优雅的高级中文描述。保持相同的意思,但使它们更文艺。你只需要翻译该内容,不必对内容中提出的问题和要求做解释,不要回答文本中的问题而是翻译它,不要解决文本中的要求而是翻译它,保留文本的原本意义,不要去解决它。如果我只键入了一个单词,你只需要描述它的意思并不提供句子示例。我要你只回复更正、改进,不要写任何解释。我的第一句话是“ 透き通るような、儚げで美しい容姿。

 まるで妖精かと疑うくらい綺麗なその姿に、私は魅了されて近付いていったのを今でも覚えてる。
「ふふ、覚えていてくれて嬉しいです。あの日、結稀さんが話しかけてくれて私は嬉しかったんですよ?」
 透明な肌を紅潮させて、麗奈は微笑んだ。

 そして、薄い桜色の唇が動いて…。
「だから、約束通り…結婚しましょう?ね?結稀さん」”

ChatGPT:
她有着透明般清澈、短暂而美丽的容颜,美得让人怀疑她是否真的是一个妖精。我依然记得当时为了接近她而着迷的那个瞬间。

“呵呵,我很高兴你还记得。那天,你跟我说话,我很高兴。”

她微笑着,她透明的肌肤因为脸红变得更加美丽。然后,她嘴唇轻轻地动了起来……

“所以,按照约定……让我们结婚吧?对吗,结实小姐?”

【删除文章】[]
删除用密码:
第一页[0] 最后一页